織田純子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

織田 純子(おだ あつこ、明治18年(1885年) - 明治45年(1912年))は明治時代の子爵夫人。久邇宮朝彦親王の第9王女。織田秀実の妻。織田信一(長男)、織田長利(次男)、織田信定(三男)、織田豊子(長女、大原次郎夫人)の4男1女をもうけた。

主な兄弟姉妹[編集]