織田尚長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

織田 尚長(おだ なおなが、慶長元年(1596年)- 寛永14年11月3日1637年12月19日))は、大和柳本藩の初代藩主。尚長流織田家初代。

織田信長の弟・織田長益の五男。正室はなし(一説には持明院氏ともいう)。子は織田長種(長男)、娘(坊城俊完室)、娘(神尾元珍室)、娘(甘露寺経長室)、娘(蜷川親房正室)の1男4女。官位は従五位武蔵守越後守、大和守。

生涯[編集]

慶長元年(1596年)、摂津味舌村(現大阪府摂津市)にて生まれる。慶長19年(1614年)7月3日、従五位下武蔵守に叙任する。同年12月、長益が豊臣家の重臣であったため、大坂冬の陣の終結に際して豊臣家から徳川家に人質に出される。慶長20年(1615年)4月、大坂城を退去した長益とともに徳川家康御目見する[1]

元和元年(1615年)8月12日、長益から大和国式上郡山辺郡内で1万石を分与された。はじめは大泉村、次いで柳本村に陣屋を構えた。1626年3月徳川秀忠に従い上洛し、同年9月徳川家光に従い参内した。寛永13年(1636年)1月8日、江戸城の石普請を命じられる。寛永14年(1637年)11月3日、42歳で死去した。法号は林泉院殿雲巌宗光大居士。墓所は東京都港区高輪東禅寺

脚注[編集]

  1. ^ 『駿府記』、慶長20年4月13日。