織田信之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

織田 信之(おだ のぶゆき、享保14年(1729年) - 文化4年6月10日1807年7月15日))は、江戸時代旗本高家旗本織田信栄の長男。初名は信将。通称は豊五郎、式部。

生涯[編集]

寛延2年(1749年)12月15日、将軍徳川家重に御目見する。明和4年(1767年8月21日、父信栄の蟄居隠居により家督を相続する。明和事件の処罰として、高家旗本から普通の旗本に降格となる。寄合に所属する。天明5年、高家肝煎六角広孝・同中条信復らを通じ、高家旗本への復帰を働きかけ、天明6年(1786年5月2日、高家旗本に復帰する。ただし、高家職に登用されることはなかった。

文化2年(1805年11月24日、隠居し長男信味に家督を譲る。文化4年(1807年)6月10日死去、享年79。

正妻は木下利潔の娘。長男信味、三男津田紀長、次女(榊原長栄妻)ら三男五女あり。