織田信真

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

織田 信真(おだ のぶざね、天保13年(1842年) - 没年不詳)は江戸時代末期の武士旗本)。高家旗本の織田長裕の子。慶応3年の武鑑での石高2000石。

来歴[編集]

  • 天保13年(1842年武蔵国江戸で生まれる。幼名は豊満寿丸(とよますまる)、のち織之助と称する。
  • 安政2年(1855年)3月26日に父長裕の隠居により、家督を相続する。家督相続後も高家職に就任することなく、俗に言う表高家衆として過ごす。なお、表高家内の席次は第一位。
  • 文久3年(1863年)1月7日将軍徳川家茂御目見をする。
  • 慶応4年(1868年)7月9日、明治新政府より本領安堵される。
  • 明治元年(1868年)10月14日、太政官より「旧旗下織田織之助本領安堵ノ儀」を、大津県へ下達される。
  • 明治5年(1872年)10月には江戸の薬種問屋杉浦六三郎(後の杉浦六右衛門[1])の肖像写真を撮影している[2]
  • 明治9年(1876年)9月、新橋門前町から上野池之端に移り、横山松三郎の通天楼を改築し、写真館を開く。秩禄処分後は写真師として生計を立てていたようである。

家族[編集]

弟の鐡之丞は明治3年(1870年)に元高家武田崇信の婿養子となるが明治4年

註釈[編集]

  1. ^ 杉浦六右衛門はコニカの創業者である。
  2. ^ 『夜明けまえ 知られざる日本写真開拓史1(関東編研究報告)』東京都写真美術館編、2007年3月発行による。

参考資料[編集]

  • 『江戸幕臣人名事典』小西四郎監修、熊井保、大賀妙子編、新人物往来社1989年5月15日発行
  • 織田織之助本領安堵 (PDF) - 国立公文書館デジタルアーカイブ
  • 『旧旗下ノ者本領安堵 織田織之助』国立公文書館蔵
  • 『旧旗下織田織之助本領安堵ノ儀大津県へ達』国立公文書館蔵
  • 『表高家織田織之助信真 明細短冊』国立公文書館蔵
  • 『表高家織田織之助五節句月次御礼願糺之事覚』国立公文書館蔵