織田長恒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

織田 長恒(おだ ながつね、元文4年(1739年)- 明和3年8月20日1766年9月23日))は、大和柳本藩の第9代藩主。第7代藩主・織田信方の五男。生母は正室の土方豊義の娘。通称は亀次郎、左京。官位は従五位筑前守。

宝暦11年(1761年)11月29日、第8代藩主の兄秀賢の養嗣子となる。宝暦12年(1762年)1月28日、将軍徳川家治御目見する。宝暦13年(1763年)8月26日、秀賢の隠居により、家督を相続した。同年12月9日、従五位下筑前守に叙任する。明和3年(1766年)8月20日、または8月22日江戸で死去、享年27。墓所は祥雲寺。法号は享徳院殿謙光宗流大居士。

正室はなし。1女あり。なお、『寛政重修諸家譜』では長男秀綿、次男秀寧の子女を掲載している。