織田常昌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

織田 常昌(おだ じょうしょう、生没年不詳)は室町時代地頭。父は織田真昌[1](忌部三郎右衛門真昌[2])。通称は次郎四郎[2]。別名は斎部常昌。兄弟に萬千代(夭折)[2]、織田三郎五郎昌之[1][2]。子に織田常勝[1][2]。管領・斯波氏の被官。

織田社(劔神社)の神職・斎部親真(平親真)の子孫であり、織田氏の祖とされる。初め越前丹生郡織田庄の地頭で、『織田家譜』によると、越前守護であった管領・斯波義教(義重)にその才能を見いだされて登用され、尾張に派遣された。のちに故郷の織田庄から取り、苗字を織田と名乗った。また常昌と尾張守護代となる織田伊勢守入道常松は同一人物とも。子とされる常勝は斯波家家老となったという。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『信長公記』の系図
  2. ^ a b c d e 『寛政重修諸家譜』