織田秀実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

織田 秀実(おだ ひでざね、1875年明治8年)6月11日 - 1907年(明治40年)4月1日)は、尚長流織田家14代当主。

大和柳本藩13代藩主織田信及の次男。夫人は久邇宮朝彦親王の九女純子。子は織田信一(長男)、織田長利(次男)ら4男1女。官位は従四位。爵位は子爵

生涯[編集]

1889年(明治22年)10月11日、家督を相続して子爵に叙される。1899年(明治32年)7月、学習院高等学科を卒業する。1901年(明治34年)11月、久邇宮朝彦親王の九女純子と結婚する。1903年(明治36年)、東京帝国大学法科大学を卒業する。1907年(明治40年)4月1日死去、享年33。