織田信及

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
織田信及

織田 信及(おだ のぶひろ(のぶつぐ)、天保14年(1843年) - 明治22年(1889年8月2日)は、日本の華族大和柳本藩の第13代(最後)の藩主。尚長流織田家13代。

第11代藩主・織田信陽の十男。正室は片桐貞信の八女謙子。子は長男信愛、次男織田秀実など3男2女。通称は元丸、修理。初名は長依。官位は従五位下大和守。

生涯[編集]

天保14年(1843年)生まれとも、天保15年(1844年)4月8日生まれとも言われている。慶応4年(1868年)4月12日、新政府側の優位な情勢を見極めたところで、兄の12代藩主信成の名代として上洛する。閏4月19日、信成の養子となる。5月6日、信成の隠居により家督を相続した。5月14日、従五位下大和守に叙任する。6月25日、新政府から帰藩を許可される。10月12日、崇神天皇陵、景行天皇陵の修復許可を願う。

明治2年(1869年)6月24日、版籍奉還により柳本藩知事となり、明治4年(1871年)7月14日、廃藩置県で免官された。明治2年(1869年)12月2日、片桐貞信の娘謙子と結婚する。明治9年(1876年)、宮中侍候となる。明治17年(1884年)7月8日、子爵となる。明治22年(1889年)8月2日、47歳で死去した。法号は泰林院殿大道宗弁大居士。墓所は東京都渋谷区広尾祥雲寺