織田成純

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

織田 成純(おだ なりとし(しげずみ、しげとし)、延宝4年6月5日1676年7月15日) - 享保14年11月2日1729年12月21日))は、大和柳本藩の第5代藩主。尚長流織田家5代。

第3代藩主・織田秀一の次男。母は小出有棟の娘。正室は土方豊高の娘(慈福院)。子はなし。通称は源三郎、右京、左京。初名は秀将長教秀俊成純信紀。官位は従五位豊後守、播磨守。

生涯[編集]

貞享5年(1688年)7月28日、異母兄・秀親の養子となる。同年9月18日、将軍徳川綱吉御目見する。宝永6年(1709年)4月12日、秀親が殺害されたため、家督を相続した。同年4月15日、従五位下豊後守に叙任する。公家接待役や京都火消役などを務めた。享保9年(1724年)12月3日に隠居し、兄の子で養嗣子の秀行に家督を譲った。享保14年(1729年)11月2日もしくは12月3日に54歳で死去した。法号は竜徳院殿円厳宗澄大居士。麻布の天真寺に葬られた。以後、同寺は柳本藩織田家の当主の墓地の一つとなった。