織田郷広

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

織田 郷広織田 郷廣、おだ さとひろ、? - 宝徳3年(1451年))は、室町時代武将尾張守護代。父は織田教信[1](または織田常松[2]を父とする説もある)。兄弟に織田教長[1]織田常信[1]織田久長[2]織田良信[2]。子は織田敏広[1][2]織田広近[1][2]織田広遠[1]。「郷」の一字は斯波義郷から偏諱を賜ったもの推定される。

織田郷広の被官坂井七郎右衛門広道(号:性通)が公卿万里小路時房の代官と称して寺社領・本所領を横領。その後、郷広の推挙で時房はこの坂井を実際に代官としたが、横領行為を止めないため時房は管領細川持之に陳情した。嘉吉元年(1441年)、その責任を逃れるため、郷広は逐電した。嘉吉2年(1442年)、郷広の跡を受け、次代勘解由左衛門尉久広(弟。甥または嫡男とされる敏広と同一人物とも)が尾張守護代となる[3]。郷広は守護代の再任をはかるため8代将軍足利義政乳母今参局に働きかけ、今参局の進言で義政より赦免の内諾を得る。しかし、甲斐常治の意を受けた義政の生母日野重子がこれに怒り、困惑した義政が赦免を反故にしたことにより断念した。幕府の後ろ盾を得ることを諦め、宝徳3年(1451年)、直接主家の斯波義健に許しを請うが受け入れられなかった。後に越前にて将軍・義政の上意を得た甲斐常治に派遣された久広らに殺害された[4]

異説[編集]

『前野家文書』「武功夜話」では、織田伊勢守入道常松と郷広を同一人物としてる。しかし、この文書の信憑性については諸説ある。また『建内記』の1431年(永享3年)3月8日の条文には「織田故伊勢入道」とあり、既に故人であり、この両者を別人としている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『信長公記』の系図
  2. ^ a b c d e 『清州町史』掲載の織田氏推定系図
  3. ^ 万里小路時房の日記『建内記』
  4. ^ 『応仁略記』