日野重子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日野 重子(ひの しげこ、応永18年(1411年) - 寛正4年8月8日1463年9月20日))は、室町時代中期の女性。日野家出身。室町幕府6代将軍・足利義教の側室。日野重光の子。7代将軍・足利義勝、8代将軍・足利義政の生母。兄は日野義資で、その孫が日野勝光日野富子。義教の正室宗子は姉で、烏丸資任は従弟にあたる。

永享6年(1434年)に義勝、永享8年(1436年)に義政を産む。嘉吉の乱で夫・義教が殺害された後、幼年の義勝や義政を補佐して幕政に関与し、義政の寵愛を受けた乳母・今参局と対立した。今参局は義政正室富子の産んだ子が早世したのが彼女の呪詛のためとされて流刑にされ、長禄3年(1459年)、自害させられるが、これは富子の指示とも重子の指示とも言われる。

寛正4年8月8日(1463年9月20日)に死去。それに伴い、斯波義敏畠山義就が赦免された。

関連項目[編集]