織田孝一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

織田 孝一(おだ こういち、1959年昭和34年) - )は、日本フリージャーナリストコピーライター。旧丹波柏原藩織田家(旧子爵家)の当主。本名は織田 信孝(おだ のぶたか)という。祖父は織田信大織田信和長男学歴学習院大学法学部卒業学位法学士(学習院大学)。

経歴[編集]

織田信長の次男信雄の五男高長の直系の子孫(ただし、曽祖父信親は養子であり、血統では藤原南家工藤氏内田氏の子孫にあたる)。1981年(昭和56年)3月学習院大学法学部を卒業後、広告プロダクションに就職し、コピーライターとなる。1989年に独立し、フリーとなる。主に経済雑誌に記事を書いている。

田部井昌子著『現代に生きる戦国武将の智恵』(出版文化社2000年(平成12年))の出版に際し、対談に応じ、織田家の歴史などを語っている。