織田信倉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
織田信倉
時代 江戸時代中期
生誕 元禄9年(1696年
死没 宝暦2年10月9日1752年11月14日
改名 鍋次郎(幼名)→信倉
別名 通称:大膳
官位 従五位下侍従淡路守従四位上左少将能登守
幕府 江戸幕府高家、高家肝煎
主君 徳川吉宗家重
氏族 能勢氏織田氏(信高流高家)
父母 父:能勢頼寛、養父:織田信門
兄弟 能勢頼庸信倉能勢頼宗[1]養女、
榊原勝治[2]
正室:久世広隆[3]長女
養子:信直

織田 信倉(おだ のぶくら)は、江戸時代中期の高家旗本通称は大膳。官位従五位下侍従淡路守従四位上左少将能登守石高2700石。

生涯[編集]

旗本・能勢頼寛の三男として誕生した。頼寛は江戸町奉行を務めた能吏とされる。頼寛の祖父・頼次の四女が織田高重に嫁いでおり、そうした縁戚関係から信倉が織田家に迎えられたと考えられる。

享保元年(1716年10月20日、家督を相続する。享保13年(1728年12月15日、高家職に就任し、従五位下・侍従・淡路守に叙任する。後に従四位上・左少将・能登守に昇進する。元文4年(1739年4月22日、高家肝煎。

宝暦2年(1752年)10月9日、死去。享年57。

なお、家臣の田沼次喜(文右衛門)は高倉家衣紋会の会頭に就いている。幕府の儀礼に際しての正式な装束を調えるため、公家の高倉家の門人になる武士は少なくなかった。衣紋会の会頭は江戸の門人と京都の高倉家との連絡調整を担っていたのである。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 京都西町奉行2代
  2. ^ 旗本1000石。榊原政岑の実父
  3. ^ 久世広賢の子。正室は大村純長娘。子に広寛