織田信徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

織田 信徳(おだ のぶのり、生没年不詳)は、幕末旗本明治期の士族高家旗本織田信愛の息子。通称は数馬。

生涯[編集]

『大武鑑』によれば、慶応3年(1867年)には部屋住みながらも表高家衆の一人として確認できることから、すでに御目見を済ましていたと推測される。明治維新に際し、父信愛とともに明治政府に敵対的な行動を取って謹慎を命じられたようである。明治2年(1869年6月6日、新政府から父信愛とともに謹慎を解かれる。謹慎の解除にあたって、新政府は本家の織田寿重丸に父子を引き取り、扶助するように命じている。

明治維新後[編集]

父信愛と同様に博物学に関心を示し、維新後は動物学を志し、西洋式の剥製技術を学んだという。高千穂宣麿に昆虫の標本作りの技術を教えたという。『動物生態写真集』などの著書もある。

明治5年(1872年)、澳国博覧会事務局に雇われて、町田久成の下で湯島における博覧会の準備などに携わる。明治10年6月、江戸時代に本草学を学んだ田中房種らと三重県・和歌山県で植物の調査にあたる。明治27年頃、家族で大阪に転居する。明治36年(1903年)の第5回内国勧業博覧会に際し、大阪での動物園設置を山岡千太郎らとはかり、『余興動物園集容動物目録及解説』を出版する。その後、大阪で死去し、天王寺区の梅松院に埋葬されたようである。

家族[編集]

妻は旧幕臣大久保肥後守の娘安。次男や四男一磨は芸術家として知られている。