織田広近

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

織田 広近(おだ ひろちか、織田廣近、生年不詳 - 延徳3年9月24日1491年10月27日[1])は、戦国時代武将。父は織田郷広岩倉城主で尾張上四郡守護代でもある「織田伊勢守家」当主の織田敏広の弟。子に寛広津田武永(織田寛近)、広忠(与三郎)。通称は遠江守。幼名は千代夜叉丸。通称は与十郎。法名は「珍岳常宝庵主」、「本住院殿珍嶽常宝大禅定門」。諱は郷近とも。

経歴[編集]

長禄3年(1459年)、愛知県丹羽郡小口に小口城を築城し、居城とした。文正元年(1466年)、尾張守護の斯波義廉に従い、広近は一門衆のほか、大軍を率いて朝倉氏景(後の越前守護)とともに上洛している。[2]

兄敏広の命で斎藤氏に備えるため文明元年(1469年)、尾張丹羽郡に木ノ下城犬山城)を築城し、小口城から移った。同年2月、尾張丹羽郡にあった空母山徳蓮寺を再興した(のちに大龍山徳林寺と改称)。文明7年(1475年)、嫡男寛広を兄敏広の養子としたため、もう1人の子寛近(津田武永)に家督を譲り、小口に隠居所・万好軒(現在の吉祥山妙徳寺)を立て、ここに閑居した[3]

文明13年(1481年8月清洲城主で尾張下四郡守護代でもある「織田大和守家」当主の織田敏定と子の寛広と共に上洛し、8代将軍足利義政に貢ぎ物をしている[4]。『蔭凉軒日録』によると、長享2年(1488年)、美濃龍門寺領を巡って、京都の蔭凉軒主から広近宛に書状が送られた。このことから隣国美濃にまで影響力を持っていたのが窺える。

脚注[編集]

  1. ^ 『尾張群書系図部集』上 215頁
  2. ^ 文正記
  3. ^ 『大口町史』
  4. ^ 親元日記

関連項目[編集]