織田忠辰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
織田忠辰
時代 安土桃山時代江戸時代前期
生誕 元亀3年(1572年
死没 慶長18年2月20日1613年4月10日
改名 虎千代
別名 備後守
官位 従五位下監物兵部大輔
主君 織田信忠信雄豊臣秀頼
氏族 織田氏津田氏
父母 信直
兄弟 信氏忠辰
村上頼勝
信番知信宗元

織田 忠辰(おだ ただとき/ただたつ)は戦国時代安土桃山時代武将織田氏の一族織田藤左衛門家織田信直の次男。津田姓も名乗った。小田井城主。

概要[編集]

織田信忠信雄に仕え、天正12年(1584年)に起こった小牧・長久手の戦いの後、羽柴秀吉によって小田井城を追われた。この城はやがて廃城になった。その後、罪を許され、秀吉、秀頼父子に仕えた。

子孫[編集]

子の信番(直忠)は秀頼死後、池田忠雄に仕え、知信尾張藩士となり、宗元池田輝政に仕えた。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 『士林泝洄』
  • 『藩士名寄』


先代:
織田信氏
小田井城主
織田忠辰
次代:
-