土御門泰重

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
土御門泰重
時代 江戸時代前期
生誕 天正14年1月8日1586年2月26日
死没 寛文元年8月19日1661年9月12日
官位 従二位
主君 後陽成天皇後水尾天皇明正天皇後光明天皇後西天皇
氏族 土御門家
父母 父:土御門久脩
兄弟 泰重倉橋泰吉五辻斉仲など
織田信重
泰広隆俊泰福?、河鰭基秀正室
テンプレートを表示

土御門 泰重(つちみかど やすしげ)は、江戸時代前期の公卿陰陽家陰陽頭土御門久脩の子。官位従二位土御門家32代当主。

経歴[編集]

父は豊臣秀次の事件に連座して失脚したため、一時衰微していたが、豊臣秀吉死後の慶長8年(1603年)に元服して正六位上右近将監蔵人に任じられ、同17年(1612年)には中務大丞に転じる。だが、家業の暦学において失態があり、元和2年(1616年)に賀茂氏系の幸徳井友景に暦学の権限を譲る。その結果、2年後には友景は陰陽頭に任じられ、泰重は後に天文博士から左兵衛督に転じた。しかし、後に友景と不仲になり土御門家による陰陽道再興を志向したために、陰陽道の権限を巡って安倍氏系土御門家と賀茂氏系幸徳井家の長期にわたる内紛の原因となった。

寛永12年1月5日1635年2月22日)に従三位となり、慶安2年(1649年)に従二位まで昇った。

寛文元年(1661年)、薨去。享年69。日記に『泰重卿記』がある。

系譜[編集]

その他 [編集]