総見院 (京都市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
総見院
Souken-in.JPG
正門
所在地 京都府京都市北区紫野
位置 北緯35度2分38.6秒 東経135度44分40.8秒 / 北緯35.044056度 東経135.744667度 / 35.044056; 135.744667座標: 北緯35度2分38.6秒 東経135度44分40.8秒 / 北緯35.044056度 東経135.744667度 / 35.044056; 135.744667
宗旨 臨済宗
宗派 大徳寺派
寺格 大徳寺塔頭
本尊 織田信長坐像
創建年 1583年(天正11年)
開山 古渓宗陳
中興年 大正時代
文化財 木造織田信長坐像(重要文化財)
地図
総見院 (京都市)の位置(京都市内)
総見院 (京都市)
テンプレートを表示

総見院(そうけんいん)は、京都府京都市北区紫野にある大徳寺塔頭寺院。織田信長の菩提寺である。通常は非公開だが、春秋などに特別公開される。

歴史[編集]

本能寺の変の100日後、10月10日に大徳寺において織田政権の覇権争いの舞台として有名な大葬礼[1]が執り行われ、喪主は信長の遺児で、秀吉養子の秀勝が務めた。その後の織田信長の一周忌に間に合うように豊臣秀吉が建立した寺院で大徳寺22塔頭寺院の一つである。

開祖は大徳寺117世の古渓宗陳。創建当時は寺勢大いに隆盛し広大な境内に豪壮な堂塔が立ち並んでいたという。創建当時から残る建物は正門、土塀、鐘、鐘楼。江戸期には200石の寺院であったが、明治初年の廃仏毀釈により堂塔伽藍や多くの宝物が灰燼と化し大徳寺の修禅専門道場及び管長の住居となっていたが、大正年間に再興される。

1961年(昭和36年)に本山に安置されていた信長木像を再び迎え、380年忌を行った。

伽藍[編集]

織田信長供養塔
茶室 香雲軒内部
  • 正門
  • 本堂
  • 織田信長一族供養塔 - 信長、信忠信雄徳姫秀勝信高信好秀雄信貞お鍋高重、養華院[2]、等。
  • 鐘楼
  • 茶室 - 「大徳寺大茶会」では総見院方丈で秀吉が茶を立てた、との記録が残る。
    • 龐庵(ほうあん) - 表千家・而妙斉の筆による扁額がかかる。
    • 寿安席(じゅあんせき) - 明治から昭和にかけて活躍した実業家・山口玄洞が寄進。
    • 香雲軒(こううんけん) - 表千家の十三代・即中斎の好みの茶室。

文化財等[編集]

  • 正門・土塀 - 1583年(天正11年)の創建当時のそのままで現存する。
  • 鐘・鐘楼 - 鐘楼は創建当時のもの。鐘は信長家臣堀秀政の寄進。
  • 木造織田信長坐像 - 重要文化財。衣冠帯刀の木像。本堂仏間に安置される。像底に天正11年(1583年)、七条大仏師の康清が制作した旨の銘記がある。香木で2体造像し、うち1体は遺骸の代わりに火葬され市中に香木の匂いが漂ったという。
  • 掘り抜き井戸 - 加藤清正が朝鮮から持ち帰った石でつくったものという。
  • 侘助椿 - 秀吉がこよなく愛したと伝わる。樹齢400年。
  • 茶筅塚

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 足利将軍の七仏事の作法にならって7日間盛大に執り行われた。
  2. ^ 長い間不明であったが、これが濃姫でないかと言われている。

参考文献[編集]

  • 『古寺巡礼 大徳寺』淡交社、他。

所在地[編集]

アクセス[編集]

拝観等[編集]

  • 平素は非公開。春秋などに行われる特別公開により拝観できる場合がある。

関連項目[編集]