松平忠恕 (小幡藩主)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平忠恕
Matsudaira Tadayasu.jpg
時代 江戸時代後期(幕末) - 明治時代
生誕 文政8年8月7日1825年9月19日
死没 明治35年(1902年5月21日
改名 鱗三郎(幼名)、忠慎(初名)→忠恕
戒名 荘厳院忠恕慈謙
墓所 東京都墨田区向島の弘福寺
官位 従五位下、大蔵少輔、摂津守
従三位子爵
幕府 江戸幕府 奏者番寺社奉行
上野国小幡藩
氏族 奥平松平家
父母 父:松平忠恵、母:蜂須賀重喜の七女・定姫
兄弟 忠恕忠孝
正室:井上正春の娘・
継室:宮崎佐兵衛の長女・園子
銀太郎(長男)、銑之助(三男)、
鉄子(本多康直室)、
雪子(松平忠良正室のち松平忠禎正室)
養子:松平忠良(実父大田原富清、離縁)松平忠禎(実父間部詮勝

松平 忠恕(まつだいら ただゆき)は、上野小幡藩の第4代(最後)の藩主。忠尚系奥平松平家6代。

生涯[編集]

文政8年(1825年)8月7日、第3代藩主松平忠恵の五男として生まれた。天保6年(1835年)7月3日、忠恵の嫡子となる。天保13年11月1日、従五位下宮内少輔に叙任する。安政3年(1856年)6月27日、忠恵が老齢を理由に隠居したため、家督を継いだ。安政5年(1858年)10月9日、奏者番に就任する。、文久2年(1862年)11月11日、寺社奉行に就任する。文久3年10月28日、奏者番に再び就任する。元治元年(1864年)6月28日、奏者番兼寺社奉行を解任される。慶応元年(1865年)8月1日、幕府に軍資金500両を献上する。

幕末の動乱の中で寺社奉行と奏者番を兼任したが、どうも忠恕は幕府の将来に早くから見切りをつけていた一面があり、文久2年(1862年)に父が死去して藩の実権を完全に掌握すると、幕府に反抗的な水戸藩浪士を取り締まる一方で、江戸にあった妻子を本国に戻して朝廷と通じる一面も見せている。また、軍備増強にも乗り出して、猟師に名字帯刀などの特権を与える代わりに軍人として用いて強力な鉄砲隊を編成したりしている。

慶応4年(1868年)3月、新政府軍に武器を献上するなど、戊辰戦争では新政府に与した。ただし、同年2月に領内で起こった世直し一揆で大被害を受けている。

明治2年(1869年)6月22日の版籍奉還知藩事となり、明治4年(1871年)7月の廃藩置県で免官となる。明治6年(1873年)6月、日光東照宮宮司となる。1884年(明治17年)7月8日、子爵を叙爵[1]。明治29年(1896年)7月、貴族院子爵議員になった[2]。その他、東京府学務委員も務めた。明治35年(1902年)5月21日に死去した。享年78。

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第308号、明治17年7月9日。
  2. ^ 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』56頁。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。


日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
小幡松平家初代
1884年 - 1902年
次代:
松平忠禎