荻野山中藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

荻野山中藩(おぎのやまなかはん)は、相模国愛甲郡(現在の神奈川県厚木市中荻野)に存在した。藩庁は荻野山中陣屋に置かれた。

藩史[編集]

荻野山中藩は小田原藩大久保家の支藩である。天明3年(1783年)に駿河国松長藩主・大久保教翅が陣屋が山中に移転したことで立藩した。この頃から山中藩では藩財政の窮乏化が進んでおり、教翅の子・教孝は「養蚕要略」を公布して養蚕業の奨励・発展に努めたが、効果は望めなかった。幕末期の慶応3年(1867年)12月、江戸薩摩藩邸に集まった鯉渕四郎ら倒幕派浪士隊が藩主が甲府城の勤番のために留守であった山中陣屋を襲撃し、陣屋は焼失した。焼失にもかかわらず、伝承ではあるが市内王子の福伝寺に遺構として陣屋裏門と伝わる門がある。跡地には稲荷と石灯籠があるにすぎない。

慶応4年(明治元年=1868年)、徳川家達の駿府(静岡)入封にともない、駿河国内の領地に替えて相模国愛甲郡内の旧幕府・旗本領を与えられ、現在の厚木市周辺に領地を集中させた。明治2年(1869年)6月、最後の藩主・教義版籍奉還により知藩事となった。明治4年(1871年)7月の廃藩置県で荻野山中藩は廃藩となり荻野山中県が設置されたが、同年11月に足柄県に統合され、明治9年(1876年)に神奈川県に編入された。現在の厚木市荻野新宿の交差点の近くには、参勤交代に使われた道が残り、案内の石碑がある。

歴代藩主[編集]

大久保家

譜代。1万3000石。

  1. 大久保教翅(のりのぶ) 従五位下 中務大輔
  2. 大久保教孝(のりたか) 従五位下 出雲守
  3. 大久保教義(のりよし) 従五位下 中務大輔

幕末の領地[編集]

相模国の村数には駿河国・伊豆国から領地替えされた地域も含まれているものと推測される。

外部リンク[編集]

先代:
松長藩
行政区の変遷
1783年 - 1871年
(荻野山中藩→荻野山中県)
次代:
足柄県