毛利広豊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
毛利広豊
毛利広豊.jpg
毛利広豊肖像
時代 江戸時代中期
生誕 宝永6年4月4日1709年5月13日
死没 安永2年10月29日1773年12月12日
改名 三次郎(幼名)、広房(初名)→広豊
別名 :茅山
戒名 天了院殿磨廓翁湛然大居士
墓所 大戒寺(山口県周南市舞車)
官位 従五位下但馬守山城守
幕府 江戸幕府
周防国徳山藩
氏族 大江姓毛利氏
父母 父:毛利元次、母:良寿院
養父:毛利元堯
兄弟 元堯広豊
正室:雲鏡院松平忠喬の娘)
広矩広寛、三助、松野助紑小笠原正良就盈森豊嘉豊明吉川経倫就馴豊和、吉之助、豊正土方勝幼大島義順、松之助、吉助、亀五郎、某、粟屋清平笹川芳和、熊吉、又三郎 その他女子23人
テンプレートを表示

毛利 広豊 (もうり ひろとよ)は、江戸時代中期の大名周防徳山藩の第5代藩主。第3代藩主・毛利元次の三男。兄は第4代藩主・毛利元堯毛利輝元男系曾孫にあたる。

生涯[編集]

宝永6年(1709年4月4日徳山藩第3代藩主・毛利元次の三男として、江戸三田の徳山藩邸で生まれる。

享保元年(1716年)4月、徳山藩改易と同時に麻布萩藩邸に移り、次いで国に帰り、兄・元堯と共にへ赴き、徳山藩再興までの3年間を過ごす。

享保6年(1721年2月11日に兄で第4代藩主の元堯が早世したため、その養子として跡を継ぎ、名を「広房」と改める。しかし、実際にはまだ元服の年齢に達してはいなかったため、幕府には宝永2年(1705年)生まれの17歳と公年を届け出る。同年12月18日従五位下に叙せられ、翌日、但馬守に任じられる。

嗣封の初めはまだ幼少だったため、長府藩主の毛利匡広がその後見役として、しばらく政務を預かることとなる。享保7年(1722年11月16日、「広豊」と改名。享保8年(1723年)、徳山藩再興の時に萩藩から派遣された井原元歳らが萩へ引き揚げる。延享4年(1747年9月5日、但馬守を改め、山城守に任じられる。

宝暦8年(1758年4月8日、次男の広寛に家督を譲って隠居する。明和5年(1768年12月7日、「茅山」と号す。安永2年(1773年10月29日下松の別邸で死去した。享年65だが、公には享年69である。

子女[編集]

毛利広豊は好色家でもあり、非常に多くの子供をもうけている。

男子
女子
  • 長女:吉子(早世)
  • 次女:鶴槌子(早世)
  • 三女:春子(早世)
  • 四女:豊子(早世)
  • 五女:秀子(早世)
  • 六女:美代子(公家八条隆輔室)
  • 七女:利子(早世)
  • 八女:久米子(吉田兼隆との縁談が決まるも嫁ぐ前に夭折)
  • 九女:松子(旗本花房職朝の養女となる)
  • 十女:富子(早世)
  • 十一女:源子(早世)
  • 十二女:行子
  • 十三女:猪野子(早世)
  • 十四女:要子(姉小路公聡室)
  • 十五女:遊(交代寄合平野長純室)
  • 十六女:好子(吉敷毛利家当主・毛利就兼室)
  • 十七女:吉子(早世)
  • 十八女:鉄子(岡部利寛室)
  • 十九女:澄子(早世)
  • 二十女:武子(長州藩家老・福原就清室)
  • 二十一女:栄子(粟屋俊満室)
  • 二十二女:多野子(早世)
  • 二十三女:幾子(早世)

参考文献[編集]

関連項目[編集]