百人組

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

百人組(ひゃくにんくみ)は、江戸幕府における組織の一つ。

解説[編集]

抱席二十五騎組伊賀組譜代席・根来組甲賀組の4組からなり、各組に100人ずつの鉄砲足軽が配された。組頭は、その鉄砲隊の頭領である。

通常、鉄砲隊は先手組のように一隊につき20人から50人がに配属されるのが一般的である。しかし、百人組は文字通り100人で構成され、その人員も編成当初は組名の通り、伊賀・甲賀・根来といった、鉄砲の扱いに優れた地域の者を召抱えている。ちなみに伊賀組と二十五騎組が編成されたのは1601年だが、伊賀同心が召抱えられ服部正成組下に置かれたのはそれ以前、1590年の関東入部時である。また甲賀組は1597年に、根来組は1585年に編成され成瀬正成を組頭とした。二十五騎組については史料が乏しく、由来は諸説ある。

このことから百人組は、備に配される通常の鉄砲組とは異なり、高い火力を有した独立部隊として編成されたと考えられる。

平時は主に江戸城大手三之門に詰め(番所は現存)、将軍が寛永寺増上寺に参拝する際は山門前を警備した。

また徳川家康は、江戸城が万一落ちた場合、内藤新宿から甲州街道を通り、八王子を経て甲斐甲府城に逃れるという構想を立てていた。鉄砲百人組とは、その非常時に動員される鉄砲隊のことであり、四谷に配されたという。

関連項目[編集]