三条西実枝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
三条西 実枝
Sanjonishi Saneki.jpg
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 永正8年8月4日1511年8月27日
死没 天正7年1月24日1579年2月19日
改名 実世(初名) → 実澄 → 実枝
別名 豪空 → 玄覚(法名) → 三光院(号)
官位 正二位内大臣
主君 後奈良天皇正親町天皇
氏族 三条西家藤原北家閑院流正親町三条支流)
父母 父:三条西公条、母:甘露寺元長の娘
兄弟 実枝大久保忠員
正室畠山氏
公世公国実綱、娘(稲葉良通正室)、
娘(高倉永孝室)
テンプレートを表示

三条西 実枝(さんじょうにし さねき)は、戦国時代から安土桃山時代公家歌人・古典学者。



経歴[編集]

天文13年(1544年)には長男公世と妻を相次いで失っている。『甲信紀行の歌』によれば、天文16年(1547年)には甲斐国へ下向し、武田一族の武田信繁大井信常らと歌会を行っている。天文21年(1552年)以降京都を離れ、駿河国へ移っている。永禄12年(1569年)に帰洛した後は、精力的に古典の講釈を行い、三条西家に伝わる『源氏物語』の学を集大成した『山下水』を著した。

天正7年(1577年)には織田信長の推挙により大納言に任じられた(この時代には大納言のみが任じられて正官の大納言は空席とされる慣習であったが、実枝は23年ぶりに任命された)。三条西家に代々伝わる古今伝授は一子相伝の秘事であったが、息子公国が幼かったため、やむなく弟子の細川藤孝(幽斎玄旨)に初学一葉を与え、「たとえ細川家の嫡男の一人といえども、絶対に他人には伝授しないこと、三条西家に、もし相伝が断絶するようなことがあれば、責任をもって伝え返すこと」等を誓わせ、古今伝授を行った。後にこれは現実のものとなり、公国が早世すると、幽斎は実枝の孫の実条に古今伝授を伝えた。

家集に『三光院集』がある。

官歴[編集]

※ 日付は旧暦

  • 1512年(永正9)12月2日、従五位下に叙位。
  • 1514年(永正11)12月2日、侍従に任官。
  • 1515年(永正12)2月6日、従五位上に昇叙し、侍従如元。
  • 1517年(永正14)1月26日、正五位下に昇叙し、侍従如元。
  • 年月不詳、右近衛少将に転任。
  • 1521年(大永元)2月20日、元服し諱を実世とする。禁色昇殿を聴される。 12月17日、従四位下に昇叙し、右近衛少将如元。
  • 1522年(大永2)12月27日、従四位上に昇叙し、右近衛少将如元。
  • 1525年(大永5)3月13日、右近衛中将に転任。
  • 1526年(大永6)3月29日、正四位下に昇叙し、右近衛中将如元。
  • 1530年(享禄3)1月20日、正四位上に昇叙し、蔵人頭右近衛中将如元。 1月28日、参議に補任。右近衛中将如元。
  • 1532年(享禄5)1月6日、従三位に昇叙し、参議右近衛中将如元。
  • 1535年(天文4)12月4日、権中納言に転任。
  • 1536年(天文5)11月22日、正三位に昇叙し、権中納言如元。
  • 1540年(天文9)1月25日、従二位に昇叙し、権中納言如元。
  • 1541年(天文10)3月28日、権大納言に転任。
  • 1544年(天文13)6月2日、諱を実澄に改める。 8月25日、正二位に昇叙し、権大納言如元。
  • 1552年(天文21)、駿河国(守護職:今川義元)へ下向中。
  • 1558年(永禄元)8月21日、帰洛。
  • 1559年(永禄2)5月25日、駿河国(守護職:今川義元)へ下向。
  • 1569年(永禄12)6月26日、甲斐国(守護職:武田晴信)より帰洛。
  • 1571年(元亀2)8月20日、伊勢国国司北畠具房)へ下向中。 12月4日、帰洛。
  • 1572年(元亀3)閏1月6日、権大納言を辞任。
  • 1573年(元亀4)1月12日、本座を聴される。
  • 1574年(天正2)3月3日、権大納言に還任。 12月24日、諱を実枝と改める。
  • 1575年(天正3)11月3日、陸奥出羽按察使を兼任。 月日不詳、陸奥出羽按察使を辞任。
  • 1577年(天正5)11月20日、大納言に遷任。
  • 1579年(天正7)1月20日、内大臣に転任。 1月22日、内大臣を辞任し、出家。法名:豪空 1月24日、薨去。享年69。号:三光院。

関連項目[編集]