杉原定利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

杉原 定利(すぎはら さだとし、生年不詳 - 文禄2年2月6日1593年3月8日))は、戦国時代武将。通称、助左衛門。別名は木下定利道松

妻は杉原家利の娘のこひ(朝日殿)で、婿として杉原家に入った。子女は嫡男の木下家定三折全成の正室長慶院(くま)、豊臣秀吉の正室高台院(ねね・寧々・お禰)、浅野長政の正室長生院(やや)、男子1人らがいる。

当初は織田信長に仕え、後に秀吉に仕えた。