源義時

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
源義時
時代 平安時代後期
生誕 不詳
死没 不詳
別名 陸奥五郎(陸奥六郎とも)
官位 六位左兵衛尉
氏族 河内源氏石川源氏
父母 父:源義家
兄弟 義宗義親義忠義国義時義隆
義盛平賀有義義基義広義資義長

源 義時(みなもと の よしとき)は、平安時代後期の河内源氏の武将。源義家の六男、一説に五男とも。

河内源氏本拠地を相続[編集]

父の八幡太郎義家が死去するとすぐ上の兄、義忠が家督を相続し源氏の棟梁となる。兄、義忠が都に戻るのと入れ替わりに河内源氏の本拠地、河内国石川を守るようになると言われているが具体的な史料は確認できない。(長兄の義宗は夭折。次兄の義親は乱を起こし討伐された。三兄の義国は関東で叔父の義光と合戦し勅勘を蒙り謹慎)。義忠の死後、義時は兄の跡をついで源氏の棟梁になることを望んだが果たされなかった。官職はなく、官位は六位であったということだけが伝わっている(後世になっていわれるようになったが当時の史料では確認できない)。また、陸奥五郎、または陸奥六郎と称したことがあるが、陸奥守であったわけではなく(史料的に確認できていない)、父の義家の陸奥守に由来した名乗りであるようである。

河内・石川源氏[編集]

義時は、父の義家以来の河内源氏本拠地の石川荘を相続したと言われ、子に源義基が、孫に源頼朝が「河内随一の源氏」と評した石川判官代の源義兼がいる。子孫は石川源氏を称し、その一族には石川氏紺戸氏平賀氏万力氏杭全氏などの諸氏がある。

石川源氏の信憑性については疑問も呈せられている。祖である義時は八幡太郎義家の子息でありながら官位は六位(あくまで『平家物語』によればの話)にしかすぎない上に、治承の戦い時点まで全く名前が出てきていない。また天野山金剛寺文書では石川源氏と言われる源貞弘の名前が見られ義時の名前はない事から、義時自身本当に石川源氏と呼ばれる存在であったのかどうか疑わしい。

治承の源平の戦いの際、都に近い河内国に八幡太郎義家以来の源氏の残存勢力のあることを危険視した平清盛によって攻撃を受けたとされるが、このことについても源氏の棟梁となる事を望んだ石川氏が源氏の象徴である義家旧宅を勝手に占領しただけとの見方もある。派遣された平家方の侍大将大夫判官飯富季貞、摂津判官平盛澄の軍と源義基、源義兼らは洛外や石川源氏の本拠地である河内国石川庄で抗戦するが、大勢を覆すことはできず、一族の多くが討たれ、石川源氏の勢力は大きく衰退する。

この戦いの際に注目されるのは、平家方の大将が同じ源義家の子孫で、源義兼から見ると又従兄の子にあたると思われる源季貞であることである。源季貞は父の代からの平家郎党であるということで平家方であったために、同族を討伐する大将になったともいえるが、これにも諸説がある。その中で有力な説として

  1. 源義時が源季貞の曾祖父にあたる源義忠の暗殺事件に荷担もしくは関係があったため
  2. 当時、義忠流嫡流源義高が従四位下左兵衛権佐となっており同時代の源為義よりも官位は高かった事、平氏政権下での河内守といった官職、受領関係に不明な事が多い事等から義忠流が引き続き河内守として勢力を持っていたとも考えられ、源氏の事は源氏で、河内国内の事件は源氏が対処する、という慣例に従っただけである。

この二つが有力である。

鎌倉時代の石川源氏[編集]

河内国石川に拠った石川源氏は鎌倉時代には勢力を誇ったことは確かで、多くの寺院仏閣の創建や再建に努力した。しかし、石川源氏が勢力圏とした地域は、鎌倉末期より楠木正成で有名な楠木氏が台頭し、石川源氏は弱体化していく。その後も、河内守護畠山氏家臣に石川氏が見えるが往時の姿は全くない。そして、畠山氏の衰亡とともに石川氏も衰亡したと思われる。

石川数正と石川氏[編集]

石川数正が知られる近世大名の石川氏(徳川氏家臣)などがこの義時の末裔を称しているが諸説あって定かではない(約二代の人物が確認できないため)。一部には仮冒とする論者もあるため、明言はできない。

石川日出鶴丸を輩出した事で知られる越中石川氏の祖・石川義昌は義時の末裔であるとされる。 陸奥の石川昭光などの石川氏は別流で、清和源氏頼親流大和源氏石川氏族。 同じく、陸奥の石川高信の石川氏も清和源氏義光流(甲斐源氏南部氏族

関連[編集]