新潟県立歴史博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 新潟県立歴史博物館
Niigata Prefectural Museum of History
Niigata Prefectural Museum of History.jpg
施設情報
正式名称 新潟県立歴史博物館
専門分野 新潟県の歴史、縄文文化
事業主体 新潟県
管理運営 新潟県
延床面積 10,007.79m2
開館 2000年8月1日
所在地 940-2035
新潟県長岡市関原町1丁目字権現堂2247番2
公式サイト 新潟県歴史博物館
プロジェクト:GLAM

新潟県立歴史博物館(にいがたけんりつれきしはくぶつかん)は、新潟県長岡市関原町一丁目にある歴史博物館

概要[編集]

「縄文文化を探る」数々の火焔型土器

2000年8月1日開館。新潟県の歴史展示を中心に縄文時代の文化や新潟県の歴史・民衆生活に関する資料などを展示している。

博物館HPの「Pre-open Version」にある「博物館日誌」によると、1991年の基本構想策定、1992年の基本構想公表を経て1994年に基本計画策定、そして建設地が長岡市関原地区(当時計画進行中だったテーマパーク「スペースネオトピア」の隣接地[1])に決定した。

常設展示施設[編集]

「雪とくらし」昭和30年代初めの上越市高田の雁木通りを再現。
  • 常設展示「新潟県のあゆみ」
  • 常設展示「米づくり」
  • 常設展示「雪とくらし」
  • 常設展示「縄文人の世界」
  • 常設展示「縄文文化を探る」
  • 企画展示 年間4回開催

専門スタッフ[編集]

  • 西田泰民(考古学、学芸課長)
  • 浅井勝利(古代史)
  • 山本哲也(博物館学)
  • 宮尾亨(考古学)
  • 渡辺浩二(近世史)
  • 前嶋敏(中世史)
  • 陳玲(民俗学)
  • 田辺幹(近代史)
  • 三国信一(民俗学)

利用情報[編集]

  • 開館時間 - 9:30~17:00(入館は16:30まで)
  • 休館日 - 月曜日(但し祝日の場合は翌日)、12月28日~1月3日
  • 観覧料 - 一般:510円、大学生・高校生:200円、中学生以下無料

(20名以上の団体料金 一般:400円、大学生・高校生:160円) 企画展観覧料は別途設定

  • 駐車場 - 一般用 184台・大型バス 5台・身障者用 4台
  • 所在地 - 〒940-2035 新潟県長岡市関原町1丁目字権現堂2247-2

交通アクセス[編集]

関連項目[編集]

周辺情報[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 出井信夫「第3セクターの経営破綻と経営再建」(『新潟産業大学人文学部紀要』18号、2007年2月、69ページ[1]

外部リンク[編集]