今枝重直

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
今枝重直
Imaeda Shigenao.jpg
時代 戦国時代 - 江戸時代前期
生誕 天文23年(1554年
死没 寛永4年12月23日1628年1月29日
改名 定直(初名)→重直
別名 通称:弥八
官位 従五位下内記
主君 織田信長信雄豊臣秀吉秀次前田利長
加賀藩
氏族 今枝氏
父母 父:今枝忠光
兄弟 重直日置忠勝
平松與左衛門
養子:直恒

今枝 重直(いまえだ しげなお)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将前田氏の家臣。

経歴[編集]

天文23年(1554年)、斎藤道三の家臣・今枝忠光の子として生まれる。

織田信長に仕え、元亀元年(1570年稲葉良通に属して姉川の戦いに出陣。元亀元年(1571年安藤守就に属して伊勢長島に出陣。天正3年(1575年長篠の戦いに出陣。

信長没後は次男・織田信雄に仕え、天正12年(1584年小牧・長久手の戦いに出陣。敵方の池田恒興勢を偵察中に、陣中の池田氏家臣で重直の妹婿・日置忠勝から狙撃を受けている。

後に豊臣秀吉豊臣秀次に仕え、秀次の家臣として5300石の知行を得る。文禄3年(1594年)秀次の奏請で従五位下内記に叙任。同じく秀次に仕える津田重久と共に、豊臣姓を賜った(津田重久ものち、前田家に仕えた)。

文禄4年(1595年)秀次の没後、前田利長に3000石で仕える。後に2500石加増。慶長3年(1598年)に日置忠勝の五男・直恒を養子に迎えた。以来、今枝家と日置家は代々縁組を重ねる間柄となった。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の合戦時には、前田家の北陸方面の戦いに参加し、西軍の山口宗永加賀国大聖寺城攻めに出陣。

慶長19年(1614年大坂冬の陣には奥村栄明に属して出陣。慶長20年(1615年大坂夏の陣に出陣。

元和5年(1619年)、隠居。家督を養子の直恒に譲り、隠居料500石を賜る。寛永4年(1627年)12月金沢で死去。享年74。

逸話[編集]

重直が美濃国に住んでいた頃、長良川で鮎を獲っていたときに、通りすがった男に鮎を1匹所望され、5匹分け与えたことがあった。後に、重直が諸将と共に安土城で信長に謁見したときに、声をかけて来た男から、鮎の御礼を言われた。その男が明智光秀であった。

関連項目[編集]

参考文献[編集]