上総広常

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
上総広常
Kazusanosuke Hirotsune.jpg
時代 平安時代末期
生誕 不明
死没 寿永2年12月20日1184年2月3日
別名 介八郎、平広常
墓所 横浜市金沢区朝比奈町の五輪塔?
官位 上総権介
氏族 桓武平氏良文流、房総平氏上総氏
父母 父:平(上総)常澄
兄弟 伊西常景印東常茂匝瑳常成佐是円阿
大椎惟常埴生常益天羽秀常広常
相馬常清臼井親常時田為常金田頼次
能常平時家室、小笠原長清

上総 広常(かずさ ひろつね)は平安時代末期の武将豪族。上総権介上総常澄の八男(嫡男)。上総介広常(かずさのすけひろつね)の呼称が広く用いられる。

房総平氏惣領家頭首であり、東国最大の勢力であった広常の加担が源頼朝挙兵の成功を決定付けたとも言われる[要出典]

生涯[編集]

上総氏は上総あるいは上総権介(かずさごんのすけ)として上総下総二ヶ国に所領を持ち、大きな勢力を有していた。上総は親王任国であるため、介が実質的な国府の長である。

平治の乱・家督争い[編集]

広常は、鎌倉を本拠とする源義朝の郎党であった。保元元年(1156年)の保元の乱では義朝に属し、平治元年(1159年)の平治の乱では義朝の長男・源義平に従い活躍。義平十七騎の一騎に数えられた。平治の乱の敗戦後、平家の探索をくぐって戦線離脱し、領国に戻る。

義朝が敗れた後は平家に従ったが、父・常澄が亡くなると、嫡男である広常と庶兄の常景や常茂の間で上総氏の家督を巡る内紛が起こり、この兄弟間の抗争は後の頼朝挙兵の頃まで続いている。治承3年(1179年)11月、平家の有力家人伊藤忠清が上総介に任ぜられると、広常は国務を巡って忠清と対立し、平清盛に勘当された。また平家姻戚の藤原親政が下総国に勢力を伸ばそうとするなど、こうした政治的状況が広常に平家打倒を決意させたと考えられる[要出典]

源頼朝挙兵[編集]

治承4年(1180年)8月に打倒平氏の兵を挙げ、9月の石橋山の戦いに敗れた源頼朝が、安房国で再挙を図ると、広常は上総国内の平家方を掃討し、又従兄弟の千葉常胤とともに2万騎の大軍を率いて頼朝のもとへ参陣した。『吾妻鏡』では、『将門記』の古事をひきながら、場合によっては頼朝を討ってやろうと「内に二図の存念」を持っていたが、頼朝の毅然とした態度に「害心を変じ、和順を奉る」とはある。なお『吾妻鏡』には2万騎とあるが『延慶本平家物語』では1万騎、『源平闘諍録』では1千騎である[1]

同年11月の富士川の戦いの勝利の後、上洛しようとする頼朝に対して、広常は常陸源氏佐竹氏討伐を主張した。広常はその佐竹氏とも姻戚関係があり、佐竹義政秀義兄弟に会見を申し入れたが、秀義は「すぐには参上できない」と言って金砂城に引きこもる。兄の義政はやってきたが、互いに家人を退けて2人だけで話そうと橋の上に義政を呼び、そこで広常は義政を殺す。その後、頼朝軍は金砂城の秀義を攻め、これを敗走させる(金砂城の戦い)。

『吾妻鏡』治承5年(1181年)6月19日条では、頼朝配下の中で、飛び抜けて大きな兵力を有する広常は無礼な振る舞いが多く、頼朝に対して「公私共に三代の間、いまだその礼を為さず」と下馬の礼をとらず、また他の御家人に対しても横暴な態度で、頼朝から与えられた水干のことで岡崎義実と殴り合いの喧嘩に及びそうにもなったこともあると書かれる。ただし、『吾妻鏡』は鎌倉時代後期の編纂であり、どこまで正確なものかは不明である[要出典]

誅殺[編集]

寿永2年(1183年)12月、頼朝は広常が謀反を企てたとして、梶原景時天野遠景に命じ、景時と双六に興じていた最中に広常を謀殺させた。嫡男・上総能常は自害し、上総氏は所領を没収された。この後、広常の鎧から願文が見つかったが、そこには謀反を思わせる文章はなく、頼朝の武運を祈る文書であったので、頼朝は広常を殺したことを後悔し、即座に広常の又従兄弟の千葉常胤預かりとなっていた一族を赦免した。しかしその広大な所領は千葉氏三浦氏などに分配された後だったので、返還されることはなかったという。その赦免は当初より予定されていたことだろうというのが現在では大方の見方である[要出典]

慈円の『愚管抄』(巻六)によると、頼朝が初めて京に上洛した建久元年(1190年)、後白河法皇との対面で語った話として、広常は「なぜ朝廷のことにばかり見苦しく気を遣うのか、我々がこうして坂東で活動しているのを、一体誰が命令などできるものですか」と言うのが常で、平氏政権を打倒することよりも、関東の自立を望んでいたため、殺させたと述べたことを記している[注釈 1]

広常の館跡[編集]

上総広常の館跡の正確な位置は今もって不明だが、近年、千葉県夷隅郡大原町(現いすみ市)や御宿町一帯で中世城館址の調査が行なわれ、検討が進められた。

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 頼朝政権内部では、東国独立論を主張する広常ら有力関東武士層と、頼朝を中心とする朝廷との協調路線派との矛盾が潜在しており、前者は以仁王の令旨を東国国家のよりどころとしようとし、後者は朝廷との連携あるいは朝廷傘下に入ることで東国政権の形成を図る立場であった。寿永二年十月宣旨により頼朝政権は対朝廷協調路線の度合いを強め、宣旨直後に東国独立論を強く主張していた広常が暗殺されたことは、頼朝政権の路線確定を表すものと考えられている[2]。また、広常は以仁王の令旨とともに彼の遺児である北陸宮を擁しようとした点では「反中央」「反朝廷」ではなかったが、北陸宮を擁する木曾義仲との接近が頼朝に警戒され、頼朝と義仲の関係が破綻するとともに「親義仲」とみなされた広常が誅殺に至ったとする見方もある[3]

出典[編集]

  1. ^ 上杉 et al. 2007, p. 79.
  2. ^ 佐藤 2007, §第2章 鎌倉幕府.
  3. ^ 保立 2015, §第3章 日本国惣地頭・源頼朝と鎌倉初期新制.

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
印東常茂
房総平氏歴代当主
-
次代:
千葉常胤
先代:
印東常茂
上総氏歴代当主
-
次代:
境常秀