伊西常景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
伊西常景
時代 平安時代後期
生誕 不詳
死没 不詳
別名 伊西新介
官位 上総権介(?)
氏族 房総平氏上総氏伊西氏
父母 平常澄
兄弟 常景印東常茂匝瑳常成
佐是円阿大椎惟常埴生常益
天羽秀常上総広常相馬常清
臼井親常時田為常金田頼次
長狭氏
伊北常仲伊南常明

伊西 常景(いさい つねかげ)は、平安時代後期の武士上総氏4代当主。平常澄の長男。兄弟に上総広常などがいる。子に常仲常明

上総国夷隅郡伊北庄伊西に因んで伊西新介と号した。

常澄死後は上総氏及び房総平氏の惣領の座を継承した。安房への勢力拡大を狙ったのか、当地の豪族である長狭氏の娘と結婚して2子を儲けている。この内、長男の常仲は伊北氏の祖となり、次男に常明は伊南氏の祖となった。上総氏の勢力は拡大したかに見えたが、密かに惣領の座を狙っていた次弟の印東常茂に拠って殺害された。常景の遺児達は母方の叔父である長狭常伴の許に逃れた。暴力的に惣領の座を奪った常茂への反発心は根強く、上総氏内部の抗争は増していく。

先代:
佐賀常澄
房総平氏歴代当主
-
次代:
印東常茂
先代:
佐賀常澄
上総氏歴代当主
-
次代:
印東常茂