上杉和彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

上杉 和彦(うえすぎ かずひこ、1959年11月 - 2018年10月14日)は、日本の歴史学者明治大学教授。専門は中世史、特に鎌倉幕府

来歴[編集]

東京都生まれ。1983年東京大学文学部国史学科卒、1988年同大学院博士課程中退、1989年東京大学史料編纂所助手、1998年明大文学部助教授、2003年教授。1997年「日本中世法体系成立史論」で東大文学博士。2018年10月14日、肺炎により逝去、58歳[1]

著書[編集]

編著[編集]

  • 『生活と文化の歴史学 1 経世の信仰・呪術』編 竹林舎 2012

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 上杉和彦氏死去/明治大教授 四国新聞 2018年10月19日

外部リンク[編集]