保立道久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

保立 道久(ほたて みちひさ、1948年11月28日[1]- )は日本歴史学者東京大学史料編纂所名誉教授。専攻は日本中世史。

経歴[編集]

東京都出身。1973年国際基督教大学卒業。1975年東京都立大学大学院人文科学研究科修士課程修了。1976年に東京大学史料編纂所助手、1987年同助教授、1995年同教授。2005年から2007年まで同所長をつとめる。2013年定年退任。

歴史資料の電子化・データベース化に早くから取り組んできたことで知られており、その取り組みの成果は、東京大学史料編纂所で古文書フルテキストデータベースとして公開されている。「九条科学者の会」呼びかけ人を務めている[2]

著書[編集]

  • 『中世の愛と従属 絵巻の中の肉体』平凡社、1986年
  • 『平安王朝』岩波新書、1996年
  • 『物語の中世 神話・説話・民話の歴史学』東京大学出版会、1998年 のち講談社学術文庫
  • 『中世の女の一生』洋泉社、1999年
  • 『黄金国家 東アジアと平安日本』青木書店、2004年
  • 『歴史学をみつめ直す 封建制概念の放棄』校倉書房、2004年
  • 『義経の登場 王権論の視座から』NHKブックス:日本放送出版協会、2004年
  • かぐや姫と王権神話 『竹取物語』・天皇・火山神話』洋泉社・新書y、2010年
  • 『歴史のなかの大地動乱 奈良・平安の地震と天皇』岩波新書、2012年 
  • 『中世の国土高権と天皇・武家』校倉書房 歴史科学叢書 2015年
  • 『日本史学』ブックガイドシリーズ 人文書院、2015年
監修
  • 『津波、噴火・・・日本列島地震の2000年史』成田龍一共監修 朝日新聞出版 2013

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』
  2. ^ 「九条科学者の会」呼びかけ人メッセージ (2005.3.13)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]