中川重春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中川 重治(なかがわ しげはる、1890年明治23年)6月16日[1] - 1963年昭和38年)11月5日[2])は、日本政治家衆議院議員、初代(旧)男鹿市[3]

来歴・人物[編集]

秋田県出身。早稲田大学専門部政治経済科に学び、樺太庁嘱託となる[1]。その後、帰郷し海運業を営み、船川港町議、南秋田郡議、秋田県議を歴任する。他に船川港漁業組合長、中川汽船、船川電気、東北木材興業の各社長などを務めた。1936年第19回衆議院議員総選挙で秋田1区(当時)から立憲民政党公認で立候補して当選。以来連続4期務める。1942年翼賛選挙では非推薦で立候補して当選した。その後、第1次吉田内閣逓信政務次官を務め、1947年第23回衆議院議員総選挙には立候補せず国政から引退した(引退時は民主党)。

引退後は同年6月の船川港町長選挙に立候補し、当選し2期務めた[1]1954年に男鹿市が発足すると、初代(旧)男鹿市長に就任し、1期務めた。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『日本の歴代市長』第1巻、308頁。
  2. ^ 『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』440頁。
  3. ^ 現在の男鹿市は、2005年に旧若美町との新設合併によって発足しており、新設合併前に存在した(旧)男鹿市の初代市長に当たる。

参考文献[編集]

  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ2003年
  • 『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 歴代知事編纂会編『日本の歴代市長』第1巻、歴代知事編纂会、1983年。