モラロジー研究所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

モラロジー研究所(モラロジーけんきゅうしょ、英語:The Institute of Moralogy)は、千葉県柏市光ヶ丘2-1-1に本部を置く公益財団法人1926年(大正15年)創立、2010年(平成22年)4月に財団法人から公益財団法人に移行。3つの生涯学習センター、5つの記念館、11の出張所を全国各地に有し、研究、教育、出版等の事業を行っている。関連法人として麗澤大学を経営する学校法人廣池学園一般財団法人麗澤海外開発協会、関連団体として日本道経会がある。

概要[編集]

モラロジー研究所は、廣池千九郎が1926年に説いた「道徳科学」を基に始まった修養・道徳団体である[1]。教育再生、道徳教育による「日本人の心の再生」を主張し、その出発点を家庭に置く[1]

経営する中学・高校などでは、「新しい歴史教科書」(扶桑社)や「新しい日本の歴史」(育鵬社)などの歴史・公民教科書を使用してきた。また経営する麗澤大学においても、保守派論客が教鞭をとっているとの指摘がある[1]

沿革[編集]

  • 1916年(大正5年) 廣池千九郎、「道徳科学の論文」を著し“道徳科学”(モラロジー)を唱える
  • 1926年(大正15年)8月 廣池、前身の「道徳科学研究所」創立
  • 1935年(昭和10年)4月 道徳科学専攻塾開設 本科課程と別科課程を設置
  • 1947年(昭和22年)7月 財団法人設立(文部省より認可)
  • 1972年(昭和47年)11月 道徳科学研究所をモラロジー研究所に名称変更
  • 2010年(平成22年)4月 公益財団法人移行(内閣府より認定)[2]

関連団体活動[編集]

  • 埼玉県モラロジー協会は、育鵬社教科書採択運動のための「教科書改善と特別基金」の募金に協力している[3]

出身者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 塚田穂高、宗教と政治の転轍点、花伝社、2015年。
  2. ^ 公益法人information”. 内閣府大臣官房公益法人行政担当室. 2016年5月6日閲覧。
  3. ^ 「ご協力者御芳名」、『教育再生』、日本教育再生機構、2015年9月号

関連項目[編集]

外部リンク[編集]