小林賢司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小林 賢司
OB-Kenji-Kobayashi.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 山形県酒田市
生年月日 (1985-07-03) 1985年7月3日(33歳)
身長
体重
184 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2007年 大学生・社会人ドラフト1巡目
初出場 2009年8月14日
最終出場 2009年8月16日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

小林 賢司(こばやし けんじ、1985年7月3日 - )は、山形県酒田市出身の元プロ野球選手投手)である。

来歴・人物[編集]

プロ入り前[編集]

酒田第二中学時代は軟式野球部に所属し、投手兼外野手として活躍。高校は酒田南高校へ進学。1学年上の先輩には福岡ソフトバンクホークス長谷川勇也がいる。2年のに甲子園出場するも、いずれも初戦敗退。

青山学院大学では、3年次に春のリーグ戦で最優秀防御率を獲得。4年次には高市俊の抜けたあとのエースピッチャーとしてチームを牽引した。東都大学野球連盟のリーグ戦通算38試合登板し14勝9敗、防御率2.82、184奪三振。

2007年大学生・社会人ドラフトでは、大場翔太篠田純平と2度の抽選に外れたオリックスから1位指名を受けた。11月29日に契約金8000万円、年俸1200万円(いずれも推定)で仮契約を交わした。

プロ入り後[編集]

2008年は即戦力として期待されたが、故障により[1]一軍登板がなく、ウエスタンでも1勝、防御率4点台後半と首脳陣の期待を裏切った形になってしまった。

2009年8月14日、対ソフトバンク戦でプロ初登板を果たす。しかし打者2人に対し2四球で1死も取れずに降板というほろ苦いデビューとなり、一軍で2試合投げたところで登録を抹消された[1]。この抹消は一軍での先発登板に備えるものであったのだが、二軍で調整登板をしたところ右肩を痛めてしまった[1]。以後リハビリ生活を送ることになる[1]

2011年12月2日に戦力外通告を受け、育成選手として再契約した[2]

2012年10月4日に再び戦力外通告を受け、現役を引退する事となり[3]、10月31日に自由契約公示された。

引退後[編集]

引退後はマネジメント会社に就職した[1]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2009 オリックス 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 6 1.0 1 0 2 0 0 1 0 0 0 0 0.00 3.00
通算:1年 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 6 1.0 1 0 2 0 0 1 0 0 0 0 0.00 3.00

記録[編集]

背番号[編集]

  • 29 (2008年 - 2011年)
  • 129 (2012年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 週刊ベースボール2013年12月2日号 P90
  2. ^ 育成選手契約のお知らせ”. オリックス・バファローズ (2011年12月2日). 2011年12月2日閲覧。
  3. ^ オリックスが9選手に戦力外通告”. デイリースポーツ (2012年10月4日). 2012年10月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]