石森久嗣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
石森 久嗣
いしもり ひさつぐ
生年月日 (1962-05-03) 1962年5月3日(55歳)
出生地 静岡県静岡市
出身校 慶應義塾大学法学部
北里大学医学部
所属政党 民主党
称号 法学士
医学士
医師

選挙区 栃木1区
当選回数 1回
テンプレートを表示

石森 久嗣(いしもり ひさつぐ、1962年5月3日 - )は、日本政治家医師民主党所属の元衆議院議員(1期)。

来歴[編集]

1987年慶應義塾大学法学部政治学科卒業。慶應大学在学中の3年生の時に、上田昭夫監督下で日本選手権優勝のメンバーである(背番号16)。

1994年北里大学医学部卒業。2005年栃木県済生会宇都宮病院脳神経外科医長。

2005年第44回衆議院議員総選挙で落選した水島広子の後継として民主党公認の栃木1区の候補者となる。2009年第45回衆議院議員総選挙では、「格差社会にドクターストップ」のスローガンを掲げて出馬、自由民主党船田元を破り初当選した。

2012年内閣総理大臣野田佳彦消費税増税などを含む社会保障・税一体改革関連法案の提出を表明した際には、法案の内容を批判した[注釈 1]衆議院本会議における社会保障・税一体改革関連法案の採決では、棄権した。

同年12月16日第46回衆議院議員総選挙では、栃木1区から出馬したが、前回下した船田に敗れ、比例復活もならず落選した[1]

人物[編集]

  • 慶應義塾大学時代はラグビー部所属。現在も同大学ラグビー部のチームドクターを務めている。
  • 父は元慶應義塾大学医学部助教授の石森彰次。政治評論家の森田実の妻の甥にあたる。

小沢代表元秘書の強制捜査について[編集]

2010年1月16日 「検察のやり方は横暴だ。 官僚組織との『最後の聖戦』という印象だ」と述べた。(朝日新聞

主な所属していた団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “「政界のプリンス」船田元氏返り咲き 栃木1区”. 朝日新聞. (2012年12月16日). http://www.asahi.com/politics/update/1216/TKY201212160106.html 2012年12月19日閲覧。 

注釈[編集]

  1. ^ 野田は「消費税の引き上げを現在の衆議院議員の任期終了後となる14年4月を予定しているため、公約違反ではありません」と述べている。j-cast2012年1月27日

外部リンク[編集]