山路敬三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

山路 敬三(やまじ けいぞう、1927年12月26日 - 2003年12月26日)は、元キヤノン社長。

来歴・人物[編集]

東京大学理学部物理学科卒業。工学博士(ズームレンズの光学設計に関する研究)。

1951年にキヤノンカメラ株式会社(現キヤノン)に入社。中央研究所副所長、事務機事業本部長などを務めた後、1989年に代表取締役社長に就任。1993年1月米国の経営誌ビジネスウィークの注目される経営者を選ぶ企画でベストマネージャーの一人に選ばれた(米国以外の企業から選ばれたのは山路が初めて)[1]

1995年日本テトラパック株式会社取締役会長に就任。

参考文献[編集]

  1. ^ 私の履歴書 山路敬三 日本経済新聞社(1997年)
先代:
賀来龍三郎
キヤノン社長
第4代:1989年 - 1993年
次代:
御手洗肇