賀来龍三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
かく りゅうざぶろう
賀来 龍三郎
生誕 (1926-05-19) 1926年5月19日
日本の旗 日本 愛知県岡崎市
死没 (2001-06-23) 2001年6月23日(75歳没)
東京都大田区
国籍 日本の旗 日本
出身校 九州大学
職業 実業家企業家
活動期間 1954年 - 2001年

賀来 龍三郎(かく りゅうざぶろう、1926年(大正15年)5月19日 - 2001年(平成13年)6月23日)は、日本経営者実業家キヤノン元社長・会長・名誉会長。キヤノンカメラを大手情報機器メーカーに成長させるなど「キヤノン中興の祖」と呼ばれている。長年に渡り、経済同友会副代表幹事を務めた。

経歴[編集]

愛知県岡崎市田町生まれ、大分県中津市育ち。20歳で、太平洋戦争の敗戦を迎えた後、代用教員や行商など苦学を重ねながら青山中学校第五高等学校を経て千葉工業大学工学部に入学するも中退。その後、故郷の九州大学経済学部へ入学し、1954年(昭和29年)に卒業する。

九州大学卒業後、現在のキヤノン(旧キヤノンカメラ)に入社。1972年(昭和47年)取締役就任を経て、1974年(昭和49年)常務、1977年(昭和52年)社長に就任。この頃既にグローバル企業構想を打ち出し、技術力の強化や海外進出による国際化を推進すると共に、カメラ中心の光学メーカーだったキヤノンカメラを改革、複写機などの事務機やプリンターなどの情報機器メーカーに脱皮さ せ、キヤノングループをグローバル企業に育て上げた。

1989年(平成元年)キャノン会長、1997年(平成9年)取締役名誉会長、1999年(平成11年)取締役に退いた。

2001年6月23日、心筋梗塞により東京都大田区の自邸にて死去した[1]。75歳没。

主な顕彰等[編集]

著書[編集]

  • 『新しい国造りの構図―倫理国家をめざして』東洋経済新報社、1992年
  • 『日本の危機―国と企業をいかに再生すべきか』 東洋経済新報社、1997年

脚注[編集]