御手洗肇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

御手洗 肇(みたらい はじめ、1938年10月5日 - 1995年8月31日)は、元キヤノン社長。

来歴・人物[編集]

東京都出身。東京都立小山台高等学校マサチューセッツ工科大学卒業。同大学大学院電子工学科、スタンフォード大学修了。キヤノン創業者御手洗毅の子。

1974年にキヤノンに入社。中央研究所所長などを務めた後、1993年山路敬三の突然の退任[1]を受け第五代社長に就任。社長として辣腕を振るったが、1995年に間質性肺炎のため在職のまま死去。後任社長には従兄に当たる御手洗冨士夫が就任した。

脚注[編集]

  1. ^ 山路敬三はビジネスウィーク誌から最優秀経営者に選ばれるなど評価が高かったが、突然辞任し役員としても残らなかったため様々な噂があがった。真相は闇だが、初代社長の御手洗毅に恩を受けた賀来龍三郎の大政奉還とも言われる。
先代:
山路敬三
キヤノン社長
第5代:1993年 - 1995年
次代:
御手洗冨士夫