γ-オリザノール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

γ-オリザノール(ガンマ-オリザノール、英名:γ-oryzanol)とは、米糠脂質に含有される、フェルラ酸ステロールとが縮合したエステル類の総称である。CAS登録番号は [11042-64-1]、無色~淡黄色の粉末。成分として、オリザノールA(CAS登録番号 [21238-33-5])、オリザノールC(同 [469-36-3])などを含む。

に特有の成分である。コレステロールの吸収を抑える作用、更年期障害などの不定愁訴に効用があるとして医薬品として用いられる。また、紫外線防止のために化粧品に用いられる[1]

オリザノールは薬品の成分表示などにおいて「γ-Orz」と表記される場合がある。

脚注[編集]

  1. ^ 谷口 久次ほか、「米糠含有成分の機能性とその向上」 『日本食品科学工学会誌』 Vol. 59 (2012) No. 7 p. 301-318

関連[編集]

外部リンク[編集]