大岡進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大岡 進(おおおか すすむ)はTBSテレビ所属の演出家テレビプロデューサー。現在、制作局担当局次長。

ベテラン演出家であり[1]、俳優武田鉄矢とプロデューサーの千野友嗣は「金八先生」以来の仲間[2]。連続ドラマ「家栽の人」ではプロデューサー兼演出を務め、2004年に同ドラマが単発ドラマとして復活した際には、脚本の清水有生とともに大分県在住の原作者毛利甚八を訪れ、再ドラマ化を打診した[3]。大岡はインタビューで同番組では「被害者にも加害者にも針が振れないようにした」[4]「被害者遺族の悲しみや、加害少年の罪の自覚の芽生えなどをテーマに描きました」[5]と語った。

演出した番組[編集]

連続ドラマ[編集]

単発ドラマ[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b “視聴室- 松本清張ドラマスペシャル「波の塔」”. 毎日新聞. (2006年12月27日) 
  2. ^ a b 網谷隆司郎 (2006年10月26日). “2時間ドラマ- 武田鉄矢、人情喜劇に挑戦--11月13日、TBS系”. 毎日新聞 
  3. ^ a b “「家栽の人」20日、TBS系スペシャルドラマ”. 産経新聞. (2004年10月9日) 
  4. ^ a b 網谷隆司郎 (2004年10月8日). “TBS: 「家栽の人」と「夜回り先生」 少年問題描く社会派ドラマ”. 毎日新聞 
  5. ^ “判事役に時任三郎 ドラマ「家栽の人」が復活”. 読売新聞. (2004年10月15日) 
  6. ^ “視聴室:外科医零子シリーズ(4)”. 毎日新聞. (2006年2月20日)