出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

(しん)は、一般的には真実で偽りのないこと[1]信用信仰宗教倫理の分野においてさまざまに用いられる。

儒教における「信」[編集]

儒教においては、五常(仁義礼智信)の一徳目であり、友情に厚く、人をあざむかないこと、誠実なことをいう[1]孔子は「民、信なければ立たず」(人間は信がなければ生きていくことができない)と「信」の重要性を指摘している[2]孟子は、人が守るべき「五倫」の道のなかに「朋友(ほうゆう)信あり」として「信」を守るべきのひとつとして掲げている。また、孟子の四端説における「仁義礼智」の四徳に対し、前漢代になって、五行説にもとづいて董仲舒により「信」の徳目が付け加えられ、合わせて「仁義礼智信」の「五常」と称された[3]

仏教における「信」[編集]

仏教用語
パーリ語 saddhā
サンスクリット語 śraddhā
チベット語 དད་པ
(Wylie: dad pa
THL: dat pa
)
ベンガル語 শ্রাদ্ধের
中国語 (T&S)
(拼音xìn)
日本語
(ローマ字: shin)
韓国語 믿음
(RR: mid-eum)
英語 Faith
クメール語 សទ្ធា
(satthea)
シンハラ語 ශ්‍රද්ධාව
(shraddhawa)
タイ語 ศรัทธา
ベトナム語 đức tin
テンプレートを表示

仏教においては、サンスクリット語のシュラッダーŚraddhā もしくプラサーダPrasada の訳語で、開祖仏陀(ゴータマ・シッダールタ)の教えを信ずることによって、心が清らかに澄みわたることをさしている[1]

  • 五根 (三十七道品)のひとつ
  • 世親は『倶舎論(阿毘達磨倶舎論)』において「信とは心をして澄浄ならしむ」と記し、世親の学統を継ぐ倶舎宗にあっては万象を75種の実体に分別し、それを5つに大別した分類法(五位法)のひとつ「心所法」において、その一部としている[1]

カーラーマ経において釈迦は、聖なる権威、伝統などであったり、または自分の師匠だからといった理由での盲目的な「信」に反対している[4]。そして何が(saccaṃ)であるかを自ら判断するための、10つの判断基準を述べている[4]

Etha tumhe kālāmā mā anussavena, mā paramparāya, mā itikirāya, mā piṭakasampadānena, mā takkahetu, mā nayahetu, mā ākāraparivitakkena, mā diṭṭhinijjhānakkhantiyā, mā bhabbarūpatāya, mā samaṇo no garū'ti.

カーラーマたちよ、あなたがたは、風説(anussavena)によるなかれ。伝承(paramparāya)によるなかれ。伝聞(itikirāya)によるなかれ。聖典(piṭaka)記載によるなかれ。推論(takka)によるなかれ。公理(naya)によるなかれ。類比(ākāra)によるなかれ。見解(diṭṭhi)からの推論に対する受容によるなかれ。有能な外見(rūpatāya)によるなかれ。自分の師(garū'ti)である沙門という理由によるなかれ。

  1. 風説,口伝 - 仙人が神々から聞いたとされる言い伝え[4]
  2. 伝承 - 親から子、師匠から弟子へ伝えらえる教え[4]
  3. 伝聞 - 世間ではこのように言われているといった情報[4]
  4. 聖典,聖書 - テキストに記載されている情報[4]
  5. 推論 - 一般的前提をもとに思考する、演繹法が成り立つということ[4]
  6. 公理,推測 - それぞれのデータをもとに、普遍的な法則を見出す帰納法[4]
  7. 類比 - 話術、プレゼンテーションのうまさ[4]
  8. 見解からの推論 - 同じ見解を持っているからといった理由[4]
  9. 有能な外見 - もっともらしいこと[4]
  10. 師である沙門 - 聖者であること[4]

イスラム教における「信」[編集]

イスラム教では、コーランに記された「信ずべきもの」を指している。

  1. 唯一全能の神(アッラーフ
  2. 天使の存在(マラーイカ)
  3. 啓典(神の啓示、キターブ)
  4. 使徒・預言者(ラスール)
  5. 来世の存在(アーヒラ)
  6. 定命(カダル)

の6か条がそれであり、これは「六信」と総称される。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 小川「信」(2004)
  2. ^ 『倫理、政治・経済用語資料集』p.45
  3. ^ 廣常「五常」(2004)
  4. ^ a b c d e f g h i j k l アルボムッレ・スマナサーラ 『テーラワーダ仏教「自ら確かめる」ブッダの教え (スマナサーラ長老クラシックス)』2018年、Chapt.24-25。ISBN 978-4804613574 

参考文献[編集]

  • 中村新吉・杉原安・工藤文三『倫理、政治・経済用語資料集』駿台文庫、1987年7月。ISBN 4-7961-1973-6 
  • 小川宏「信」小学館編『日本大百科全書』(スーパーニッポニカProfessional Win版)小学館、2004年2月。ISBN 4099067459
  • 廣常人世「五常」小学館編『日本大百科全書』(スーパーニッポニカProfessional Win版)小学館、2004年2月。

関連項目[編集]