五倫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

五倫(ごりん)は、儒教における5つの道徳法則、および徳目。主として孟子によって提唱された。「仁義礼智信」の「五常」とともに儒教倫理説の根本となる教義であり、「五教」「五典」と称する場合がある[1]

概要[編集]

中国最古の歴史書書経』舜典にはすでに「五教」の語があり、聖王の権威に託して、あるべき道徳の普遍性を追求してこれを体系化しようとする試みが確認されている[1]

戦国時代にあらわれた孟子においては、秩序ある社会をつくっていくためには何よりも、や年長者に対する親愛・敬愛を忘れないということが肝要であることを説き、このような心を「孝悌」と名づけた。そして、『孟子』滕文公(とうぶんこう)上篇において、「孝悌」を基軸に、道徳的法則として「五倫」の徳の実践が重要であることを主張した[2]

父子の親
の間は親愛の情で結ばれなくてはならない。
君臣の義
君主臣下は互いに慈しみの心で結ばれなくてはならない。
夫婦の別
には夫の役割、には妻の役割があり、それぞれ異なる。
長幼の序
年少者は年長者を敬い、したがわなければならない。
朋友の信
はたがいに信頼の情で結ばれなくてはならない。

孟子は、以上の五徳を守ることによって社会の平穏が保たれるのであり、これら秩序を保つ人倫をしっかり教えられない人間は禽獣に等しい存在であるとした[2]。なお、『中庸』ではこれを「五達道」と称し、君臣関係をその第一としている[1]

さまざまな見解[編集]

江戸時代初期の日本の儒者林羅山は、自著『三徳抄』において朱子学南宋朱熹の学説)にもとづいて三徳を概説し、五達道(五倫)との関連を述べている[3]。このように人間関係の理想を謳ったもので、その目的は常に五常を目指すものとされる。

また、千葉県夷隅郡御宿町には、五倫の名を冠した「五倫文庫」という財団法人が存在する。これは、毎日五厘の日掛け貯金を将来の子供達の為にしていこうと1908年、当時の御宿小学校長伊藤鬼一郎と村長式田啓次郎の提唱により始まった制度で、佐倉連隊の黒田善治少将が感服し、五倫黌と名付けた扁額を贈り、五倫五常にかけて五倫文庫としたことに由来する。以来、古今東西の初等教育の教科書を集め、初等教育の在り方を研究する、としている[4]

カトリック教会は、「人はいかに五倫の道を完うしても、宗教をゆるがせにしては、人の道に欠けるところがあるのであります」「それゆえ、宗教を離れた社会秩序道徳は、その根底を失ったものであって、実践的には甚だ不完全であると言わねばなりません」と五倫を部分評価はしつつも、全ての徳はに根差すので、信仰がなければ不完全で不安定であるとしている[5]

また、この五倫には親や年長者への敬愛や夫婦の役割の違いに関する内容があることから、男尊女卑家父長制的思想、先輩後輩の支配隷属関係、パワーハラスメントなどの原因になっているという主張がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b c 廣常(2004)
  2. ^ a b 白取(2005)pp.54-55
  3. ^ 石田(2004)
  4. ^ 御宿町ホームページ 五倫文庫
  5. ^ カトリック中央協議会『公教要理』中央出版、1958年第6版、緒言

参考文献[編集]

関連項目[編集]