ルチアナ・パルッツィ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ルチアナ・パルッツィ
Luciana Paluzzi
Luciana Paluzzi
別名義 Luciana Paoluzzi
生年月日 (1937-06-10) 1937年6月10日(83歳)
出生地 イタリア王国の旗 イタリアラツィオ州
ジャンル 女優
配偶者 ブレット・ハルゼイ
(1960年 - 1962年)
マイケル・ソロモン
(1980年 - )
テンプレートを表示

ルチアナ・パルッツィ(Luciana Paluzzi、1937年6月10日 - )は、イタリア出身の女優。

ローマに生まれる。1954年公開の『愛の泉』でデビュー(クレジットはされていない)。イタリアやフランスの映画・テレビドラマで活動した後、テレンス・ヤング監督、1958年公開の『今は死ぬときでない』に出演し、ハリウッドデビューを果たす。1965年に同監督の『007 サンダーボール作戦』に出演する。当初はメインのボンドガールであるドミノ役が予定されていたが、同役はミス・フランス出身のクローディーヌ・オージェに替わられ、女殺し屋フィオナを演じることになる。1968年には深作欣二監督の日米合作特撮映画、『ガンマー第3号 宇宙大作戦』にも出演する。また、『0022アンクルの女』や『600万ドルの男』、『ハワイ5-0』などアメリカのテレビドラマのゲスト出演も行っている。

私生活では、1960年にアメリカ人俳優ブレット・ハルゼイと結婚し一男をもうけたが、1962年に離婚。1980年にテレビ番組配給会社ソロモン・エンターテインメント代表のマイケル・ソロモンと再婚する。

主な出演作品[編集]

外部リンク[編集]