アヴェ・マリアのガンマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アヴェ・マリアのガンマン
Il pistolero dell'Ave Maria
Il pistolero dell Ave Maria - 1969 Mann.png
レオナード・マン
監督 フェルディナンド・バルディイタリア語版
脚本 ヴィンセンツォ・セラミイタリア語版
ピエロ・ジョヴァンニ・アンキーシ
マリオ・ディ・ナルド
フェデリコ・デ・ウルティア
フェルディナンド・バルディ
製作 マノロ・ボロニーニ
出演者 レオナード・マンイタリア語版
ルチアナ・パルッツィ
ピーター・マーテル
ピエロ・ルッリ
音楽 ロベルト・プレガディオ
撮影 マリオ・モントゥオーリ
編集 エウジェニオ・アラビーゾ
公開 イタリアの旗 1969年10月17日
上映時間 91分
製作国 イタリアの旗 イタリアスペインの旗 スペイン
言語 イタリア語
テンプレートを表示

アヴェ・マリアのガンマン』(: Il pistolero dell'Ave Maria)は、1969年に公開されたイタリア=スペイン合作のマカロニ・ウェスタンアイスキュロスソポクレスエウリピデスギリシア悲劇で有名なオレステスの物語を西部劇に翻案した[1][2]

日本では劇場未公開で、2002年エスピーオーが「マカロニウエスタン2002」シリーズの1本としてDVDリリースした[3]

あらすじ[編集]

過去の記憶を失った青年セバスチャンは、ある日、ラファエルという男と出会う。実はラファエルは幼馴染で、セバスチャンは記憶を取り戻す。

父親のホアン・カラスコはメキシコの将軍だった。しかし戦争を終え帰還したところを、母親のアンナとその愛人トマスによって殺された。母親はさらにセバスチャンと姉イサベルも葬ろうとしたが、乳母のおかげで生き延びることができた。

セバスチャンはラファエルとともにメキシコに向かい、そして父親の仇を討つ。

キャスト[編集]

出典[編集]

  1. ^ The Forgotten Pistolero Review”. Spaghetti Western. 2020年3月26日閲覧。
  2. ^ José Vicente Bañuls; Francesco De Martino; Carmen Morenilla. El teatro greco-latino y su recepción en la tradición occidental. Levante, 2006. p. 160 
  3. ^ エスピーオー「マカロニウエスタン2002」シリーズのチラシ

外部リンク[編集]