0022アンクルの女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
0022アンクルの女
The Girl from U.N.C.L.E
ジャンル スパイドラマ
放送時間 (60分)
放送期間 1966年9月13日 - 1967年4月11日(29回)
放送国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
制作局 ABC
製作総指揮 ノーマン・フェルトン
プロデューサー ダグラス・ベントン
出演者 ステファニー・パワーズ
ノエル・ハリソン
オープニング 作曲:ジェリー・ゴールドスミス
テンプレートを表示

0022アンクルの女(ぜろぜろににあんくるのおんな、The Girl from U.N.C.L.E 」は、アメリカABC ネットワークで、1966年から1967年にかけて、29話が制作・放送された、スパイもののテレビドラマ。日本では、1967年に日本テレビ系列で放送された。

概要[編集]

本作は、『0011ナポレオン・ソロ』のスピンオフ作品。国際機関アンクル(U.N.C.L.E.)ニューヨーク本部第2課の女性エージェントであるエイプリル・ダンサーが、ロンドン支部から転任してきたマーク・スレートとコンビを組んで、国際犯罪組織スラッシュの陰謀に立ち向かう物語。二人の上司は、『ナポレオン・ソロ』にも出てくるウェーバーリー課長。

エイプリルとマークは、『ナポレオン・ソロ』の1エピソード『アンクルから来た女』に登場したキャラクターで、メアリー・アン・モブリーノーマン・フェルが演じていたが、シリーズ化にあたって、ステファニー・パワーズとノエル・ハリソンに変更された。ハリソンのマーク・スレートは、『0014マーク・スレート』のエピソードで、『ナポレオン・ソロ』にも登場している。一方、ナポレオン・ソロとイリヤ・クリヤキンは、基本的に『アンクルの女』には登場しないが、『ママのステッキは火を吹くか』のエピソードでは、ソロが顔を見せている。

元のシリーズ『ナポレオン・ソロ』は、コミカルな作風が特長だったが、本作『アンクルの女』は、それがさらにエスカレートしている。『ナポレオン・ソロ』の人気に乗じて作られ、アメリカでは二番組が並行して放送されたが、ソロとイリヤを演じたロバート・ヴォーンデヴィッド・マッカラムは、質の低下や視聴者に飽きられることを懸念して、制作に反対していたと言われる。彼らの心配どおり、『アンクルの女』は期待されたほどヒットせずに打ち切られたばかりか、本家の『ナポレオン・ソロ』も、間もなく視聴率の低下で後を追ってしまう結果となった。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 制作総指揮 : ノーマン・フェルトン
  • 製作: ダグラス・ベントン
  • テーマ曲作曲 : ジェリー・ゴールドスミス ※テーマ曲も『ナポレオン・ソロ』のメロディーの流用であった。

関連作品[編集]

  • 『エイプリル・ダンサー』シリーズ : ハヤカワポケットミステリ(早川書房) 本作のノベライズ作品(絶版)
    • 『1/アンクルから来た女』 : マイクル・アヴァロン著、佐和誠
    • 『2/燃える女』 : マイクル・アヴァロン著、川村哲郎

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

日本テレビ 日曜21:30~22時台前半枠
前番組 番組名 次番組
0011ナポレオン・ソロ
(第2シーズン)
0022アンクルの女
0011ナポレオン・ソロ
(第3シーズン)
日本テレビ系 日曜22:26~22:30枠
0011ナポレオン・ソロ
(第2シーズン)
(22:30~23:30)
0022アンクルの女
(1967年5月~9月)
【4分縮小して継続】
きょうのニュース
【6分繰上げ】