亀戸事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

亀戸事件(かめいどじけん)とは、1923年9月3日関東大震災直後の混乱中に発生した事件。

概要[編集]

東京府南葛飾郡亀戸町(現・東京都江東区亀戸)で、社会主義者の川合義虎平沢計七、加藤高寿、北島吉蔵、近藤広蔵、佐藤欣治、鈴木直一、山岸実司、吉村光治、中筋宇八ら10名が、以前から労働争議で敵対関係にあった亀戸警察署に捕らえられ、9月3日から4日(あるいは9月4日から5日)に習志野騎兵第13連隊によって亀戸署内あるいは荒川放水路で刺殺された事件[1]。また、同月4日に警察に反抗的な自警団員4名が軍により殺された事件を「第一次亀戸事件」と呼び、この事件の被害者に加えることもある。

この事件の事実は発生から1ヶ月以上経過した10月10日になってようやく警察により認められた。犠牲者の遺族や友人、自由法曹団の弁護士布施辰治山崎今朝弥南葛労働協会などが事件の真相を明らかにするため糾弾運動を行なったが、「戒厳令下の適正な軍の行動」であるとし、事件は不問に付された。『種蒔く人』の刊行元・種蒔き社は、自由法曹団作成の資料に基づき、本事件の殉難記『種蒔き雑記』を刊行した[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b 日本大百科全書(ニッポニカ)

関連項目[編集]