東京都慰霊堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東京都慰霊堂の位置(東京都区部内)
東京都慰霊堂
東京都23区内の位置

東京都慰霊堂(とうきょうと いれいどう)は東京都墨田区横網横網町公園内にある慰霊施設。1930年昭和5年)に関東大震災の身元不明の遺骨を納め、死亡者の霊を祀る震災記念堂(しんさい きねんどう)として創建され、1948年(昭和23年)より東京大空襲の身元不明の遺骨を納め、死亡者の霊を合祀して、1951年(昭和26年)に現在の姿となった。東京都の施設であるが、仏教各宗により祭祀されている。

沿革と概要[編集]

東京都慰霊堂がある横網町公園は元陸軍被服廠があった場所である。この地にあった被服廠は大正8年に赤羽に移転し、その後公園予定地として更地になり、被服廠ひふくしょう跡と呼ばれた[1]1923年大正12年)9月1日、関東大震災が起きると、この場所は多くの罹災者の避難場所になった。多くの家財道具が持ち込まれ、立錐の余地もないほどであったが、周囲からの火災が家財道具に燃え移り、また火災旋風が起こったため、この地だけで(推定)東京市全体の死亡者の半数以上の3万8000人程度が死亡したとされる。

震災後、死亡者を慰霊し、このような災害が二度と起こらないように祈念するための慰霊堂を建てることになり、官民協力のもと、広く浄財を求められた。東京震災記念事業協会によって1930年9月に「震災記念堂」として創建され、東京市に寄付された。身元不明の遺骨が納骨され、1931年(昭和6年)には震災復興記念館が建てられた。

その後、第二次世界大戦における1944年1945年(昭和19年・20年)の一連の空襲により、再び東京は焦土と化し、関東大震災を超える7万7000人あまりが死亡した。1948年より、各地に仮埋葬された身元不明の遺骨を納骨堂に改葬し、戦災者整葬事業が完了した1951年に「東京都慰霊堂」と改称した。

本堂は伊東忠太設計によるもので、寺院風の建築となっている。200坪の講堂を持ち、三重塔がその奥にある。三重塔は高さ約41mで、基部は納骨堂となっている。講堂には祭壇があり、震災死亡者、空襲死亡者の霊をそれぞれ合祀した巨大な位牌が2基祀られている。

境内施設[編集]

  • 東京都復興記念館
  • 弔霊鐘(中華民国仏教団寄贈)
  • 関東大震災朝鮮人犠牲者追悼碑
  • 東京空襲犠牲者を追悼し平和を祈念する碑
  • 日本庭園

祭礼[編集]

  • 3月10日:春季大法要
  • 9月1日:秋季大法要

交通[編集]

画像一覧[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “関東大震災 200人超の証言テープ分析へ”. NHKニュース (日本放送協会). (2013年1月1日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130101/t10014549761000.html 2013年1月2日閲覧. "現在の東京・墨田区にあった「被服廠(ひふくしょう)跡」と呼ばれる広場" [リンク切れ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度41分56.7秒 東経139度47分45.8秒 / 北緯35.699083度 東経139.796056度 / 35.699083; 139.796056