倉方俊輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

倉方 俊輔 (くらかた しゅんすけ、1971年- )は日本の建築史家大阪市立大学大学院工学研究科准教授。日本文化藝術財団専門委員・助成顕彰事業(創造する伝統賞)選考委員等歴任。東京都生まれ。

経歴[編集]

早稲田大学理工学部建築学科卒業、同大学大学院博士前期課程修了。早稲田大学大学院博士課程満期退学。「伊東忠太の建築理念と設計活動に関する研究」[1]博士(工学)を取得。西日本工業大学准教授などを経て2011年から現職。

編著
  • 『吉祥寺ハモニカ横丁のつくり方』(彰国社)、
  • 『ドコノモン』(日経BP社)、
  • 『吉阪隆正とル・コルビュジエ』(王国社)

など。

共著
  • 『新装版 東京建築ガイドマップ』
  • 『東京建築ガイドマップ?明治大正昭和』
  • 『神戸・大阪・京都レトロ建築さんぽ』、
  • 『東京モダン建築さんぽ』、『東京レトロ建築さんぽ』(以上、エクスナレッジ)
  • 『これからの建築士-職能を拡げる17の取り組み』(学芸出版社)、
  • 『生きた建築 大阪』『生きた建築 大阪2』(140B)、
  • 『大阪建築 みる・あるく・かたる』『東京建築 みる・あるく・かたる』(以上、京阪神エルマガジン社)
  • 『建築家の読書術』[2]
  • 『建築ジャーナル 特集 批評の在り処 2018年12月号(東日本版)』
  • 『みんなの建築コンペ論』[3] (建築・都市レビュー叢書)

ほか。

監修・解説書
  • 『余の漫画帖から―伊東忠太建築資料集』[4](写真集成 近代日本の建築、ゆまに書房)、
  • 『伊東忠太建築資料集:阿修羅帖』
建築公開イベント、立ち上げからのメンバーとしての活動
  • 品川区「オープンしなけん」、
  • 日本建築設計学会、
  • 住宅遺産トラスト関西、
  • Ginza Sony Park Project[5]

など。

  • 大阪市生きた建築ミュージアム推進有識者会議委員。生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪(イケフェス大阪)実行委員会理事[6]
  • 東京建築アクセスポイント理事[7]
受賞歴
  • 日本建築学会賞(業績)
  • 日本建築学会教育賞
  • 日本現代藝術奨励賞(第13回/2005年)

ほか。

脚注[編集]

  1. ^ 倉方, 俊輔 (2004). 伊東忠太の建築理念と設計活動に関する研究. https://ci.nii.ac.jp/naid/500000270872. 
  2. ^ 建築家の読書術 イベントレポート 著者=平田晃久、藤本壮介、中村拓志、吉村靖孝、中山英之、倉方俊輔 - TOTO出版 - BookshopTOTO”. jp.toto.com. 2020年2月9日閲覧。
  3. ^ みんなの建築コンペ論 新国立競技場問題をこえて. https://www.nttpub.co.jp/search/books/detail/100002479.html 
  4. ^ 写真集成近代日本の建築 13 復刻 余の漫画帖から 伊東忠太建築資料集 通販|セブンネットショッピング”. 7net.omni7.jp. 2020年2月9日閲覧。
  5. ^ 倉方俊輔” (日本語). CINRA.NET. 2020年2月9日閲覧。
  6. ^ こどもツアー” (日本語). OPEN HOUSE OSAKA | 生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪2019 | イケフェス大阪2019 (2019年9月25日). 2020年2月9日閲覧。
  7. ^ 東京建築アクセスポイント” (日本語). 東京建築アクセスポイント. 2020年2月9日閲覧。

外部リンク[編集]