凌雲閣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
浅草凌雲閣
Jintan 12kai.jpg
情報
用途 展望台、店舗等
設計者 ウィリアム・K・バルトン
構造形式 赤煉瓦
高さ 52メートル
開館開所 1890年11月11日
解体 1923年9月23日
所在地 東京市浅草区千束町二丁目三十八番地
座標 北緯35度42分56.7秒 東経139度47分35.5秒 / 北緯35.715750度 東経139.793194度 / 35.715750; 139.793194座標: 北緯35度42分56.7秒 東経139度47分35.5秒 / 北緯35.715750度 東経139.793194度 / 35.715750; 139.793194
テンプレートを表示

凌雲閣(りょううんかく)は、明治期から大正末期まで東京浅草にあった12階建ての

当時の日本で最も高い建築物であった。名称は「雲を凌ぐほど高い」ことを意味する。

日本初の電動エレベーターを備え、「浅草十二階」という名でも知られていた[1]1890年(明治23年)に竣工したが、1923年(大正12年)の関東大震災で半壊し、解体された。

なお、大阪にもその前年に建設された同名の塔が存在した[2]

概要[編集]

明治20年代に高所からの眺めを売り物にした望楼建築がブームとなり、1889年(明治22年)には大阪の和風庭園「有楽園」内に9層楼凌雲閣が、翌年には東京に浅草凌雲閣が建設された[3]

浅草凌雲閣は、起案者は長岡の豪商であった福原庄七、基本設計者はウィリアム・K・バルトン(バートン)、土木工事監督は伊澤雄司であった [4]。また、凌雲閣株式会社が設立され[5]、のちに社長として写真家で東京市会議員であった江崎礼二が就任した [6]。東京における高層建築物の先駆けとして建築され、日本初の電動式エレベーター(当時のエレベートル)が設置されたが、その設計にあたったのは当時東京電燈株式会社の技師で東芝の前身の一つとなる白熱舎(のちの東京電気)を創業した藤岡市助と考えられる[7]電話設備は宣伝を目的として沖牙太郎が担当した[8]。完成当時は12階建ての建築物は珍しく、モダンで、歓楽街・浅草の顔でもあった。明治・大正期の『浅草六区名所絵はがき』には、しばしば大池越しの凌雲閣が写っており、リュミエールの短編映画にもその姿が登場する。

展望室からは東京界隈はもとより、関八州の山々まで見渡すことができた[9]。 1890年の開業時には「日本のエッフェル塔だ。」(パリのエッフェル塔は前年1889年開業)と多数の見物客で賑わったが、明治末期には客足が減り、経営難に陥った。1911年6月1日に階下に「十二階演芸場」ができ、1914年にはエレベーターが再設されて一時的に来客数が増えたものの、その後も経営難に苦しんだ[10]。また隣地には、1912年2月「浅草国技館[注釈 1]が開館した[11]。なお、設計者のバルトンは設計時はエレベーターの施工は考慮しておらず、施工には反対したと後に親族は語っている[12]

浅草十二階の下の一帯は銘酒屋街となっており、実際としては私娼窟と化していた。それで浅草で「十二階下の女」と言うと娼婦の隠語を意味した[13]

1923年9月1日に発生した関東大震災により、建物の8階部分より上が崩壊(火災も発生)。地震発生当時頂上展望台付近には12 - 3名の見物者がいたが、福助足袋の看板に引っかかり助かった1名を除き全員が崩壊に巻き込まれ即死した[要出典][14]。なお、浅草寺の五重塔(木造33m。東京大空襲で焼失)は無傷であった。

経営難から復旧が困難であったため、再建は断念することを決め、同年9月23日陸軍赤羽工兵隊により二度に渡る爆破解体された。

完成当時のデータ[編集]

  • 開業日:1890年11月11日
    • 当初11月10日と報じられたが、来賓の都合で翌11日に繰り延べられた[4]。エレベーターの日(11月10日)はこの当初の報道にちなんでいる。
  • 高さ:173(約52メートル)
    • 当初は220尺(約66.7メートル)と報じられたが[9]、1921年(大正10年)に行われた震災予防調査会の再調査では避雷針も含めて173尺とされている[注釈 2]。なお、日本建築学会正員の堀口甚吉が1968年に発表した論文では、この再調査では天井ふところ分の10 - 15尺(約3 - 4.5メートル)、入り口の石段の高さ2尺(約0.6メートル)、避雷針の高さ12尺(約3.6メートル)が含まれておらず、これに建物基礎底面からの高さ20尺(約6メートル)を合わせると、当初の発表通り約220尺になるとしている[16][15]
  • 建坪:37(122.31平方メートル
  • 設計:ウィリアム・K・バルトン(William K. Burton、イギリス人、お雇い外国人
  • 入場料:大人8銭、子供4銭
  • 構造:10階まで煉瓦造り、11・12階は木造
    • 1階は入り口階、2階から7階は諸外国の物品販売店(計46店舗)、8階は休憩室、10階から12階は眺望室[9]
    • 1階から8階にかけて日本初のエレベーターが設置されたが、開業当日より故障が頻発。翌1891年5月には使用中止になり[10]、東京電燈との間で訴訟沙汰となる[17]。エレベーター運転停止命令が出たため、客足を確保するのに階段の壁面に花街から選ばれた芸者達の写真を貼り付け、日本初の美人コンテスト「東京百美人」が開催される[18]
    • 11階には5000アーク灯2個が掲げられた[9]
    • 各階の内部には3個の電灯を点じて、176個の窓から光を放った[9]
    • 10階から12階の眺望室には望遠鏡が設置されていた[9]

文学、創作における凌雲閣[編集]

同時代の記憶や経験にもとづくもの[編集]

後世になってからのもの[編集]

記念碑[編集]

跡地は凌雲座(劇場)となった。その後は昭和座、昭和劇場、浅草東映となり、現在はパチンコ店が建てられている。当該パチンコ店の入口付近には、凌雲閣史蹟保存の会が2004年12月に設置した「浅草凌雲閣記念碑」(プレート)があり、「この地、台東区浅草2丁目14番5号辺りに浅草凌雲閣(通称:十二階)が完成。」と記されている[19]

一方、浅草公園町会が1977年12月ウインズ浅草の隅に設置した建札「浅草公園史蹟めぐり第三番札所」には、「凌雲閣は、今の浅草東映から北西五十メートルの地点にあった。(浅草公園五区、千束二丁目三十八番地)」と記されている[20]。 ところが、1981年7月に行われた凌雲閣跡の発掘調査で、実際の塔の位置は現在の浅草2丁目13番から14番にかけてあったとされる[21][22]

今となっては跡地付近は浅草六区地区の建築物等の高さの最高限度のしばりを受けるが、当時は浅草公園の区外地である千束町(現在の千束と異なる)に建てられており、浅草公園地第六区内建物高さ制限[23]に抵触せず高い建築物が可能であった。

大阪にあった凌雲閣[編集]

浅草凌雲閣竣工の前年の1889年、大阪・北野茶屋町の遊園地「有楽園」内に、凌雲閣(9階建て・高さ39メートル)(地図)が完成していた(檀重三から鷲尾宇兵衛へ譲渡[24])。「梅田東生涯学習ルーム体育館」(旧梅田東小学校跡地)の門前に、その碑が残る。

この9楼凌雲閣に先立つ1888年には、浪速区日本橋の遊園地「有宝地」(地図[注釈 3]内に5階建て・高さ31メートルの眺望閣が造られており、「キタの九階」「ミナミの五階」と呼ばれた[25][26]。眺望閣は六角柱状パノラマ式高塔で、日本で最初の西洋式高層建築ともいわれる。周囲には露天街も整備された。

この眺望閣は1904年に解体されるが、現在も通称としての地名は残っている(五階百貨店を参照)。

浅草凌雲閣との所縁がある建造物[編集]

凌雲閣解体後の1932年浅草国際通り・雷門一丁目交差点に凌雲閣を模した「仁丹塔」という、森下仁丹の広告塔が完成、こちらもランドマークとして人々に親しまれていた。1942年に金属供出のため解体されたが戦後の1949年に再建。しかし、これも1986年7月10日に老朽化によって解体された。現在その跡地にはコンビニエンスストアファミリーマートが立地しており、壁面に「仁丹塔跡」のプレートが設置されている(位置)。

2012年10月23日、凌雲閣南側の映画館跡に松竹およびマルハン主導で建設する再開発ビル「マルハン松竹六区タワー」の角部分について、凌雲閣を再現した構造とする計画であることが報じられた。ただし街並み整備地区計画による36メートルの高さ制限があるため、当時の高さよりは低くなる見込みである[27][28]。なお、この「マルハン松竹六区タワー」は未だ建設されていない。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ その後は1914年遊楽館(映画館)へ改装、1917年吾妻座(芝居小屋)へ改称、1920年3月に焼失。
  2. ^ 喜多川周之『浅草十二階の建設契機(二)』では、この再調査の数値には避雷針の高さは含まれていなかったとしている[15]
  3. ^ 難波駅 (南海)の南口付近にあった。ちなみに24年後の1912年には、(初代)通天閣が南南東1kmほどの所にできる。

出典[編集]

  1. ^ 浅草にあった凌雲閣という建物について教えてほしい。”. 江戸東京博物館. 2013年10月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月26日閲覧。
  2. ^ 【1889年】新建築(明治22年)「凌雲閣」(北の九階、大阪)ジャパンアーカイブズ
  3. ^ 建物高さの歴史的変遷(その1)―日本における建物の高さと高層化について (PDF) 大澤昭彦、土地総合研究2008 年春号
  4. ^ a b 国民新聞 明治23年11月12日
  5. ^ 『日本全国諸会社役員録. 明治27年』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  6. ^ 風俗画報『浅草公園』(明治30年)
  7. ^ 郵便報知新聞 明治23年1月10日
  8. ^ 港区ゆかりの人物データベースサイト・人物詳細ページ (沖 牙太郎)第2回 起業、そして事業拡大へ|時代とOKI|OKI
  9. ^ a b c d e f 風俗画報第23号pp.12-13 (明治23年12月10日号)
  10. ^ a b 細馬宏通『浅草十二階 増補新版』(青土社, 2011年)
  11. ^ 国技館と共に歩んだ近代都市(前編)(2001年7月27日加筆)
  12. ^ 喜多川周之「浅草十二階とバルトン」(「浅草双紙」昭和五三年、浅草の会)
  13. ^ 帝都モノガタリ 浅草Call of Cthulhu
  14. ^ 関東大震災のちょっといい話/7万人の命を救った浅草公園の人々防災研究システム研究所(2013年夏)
  15. ^ a b MEIJI TAISHO 1868-1926: Showcase - 浅草公園 凌雲閣 #1”. meijitaisho.net (2007年9月30日). 2015年2月11日閲覧。
  16. ^ 堀口甚吉 (1968) 浅草12階凌雲閣の建築について”. CiNii. 2012年11月11日閲覧。
  17. ^ 凌雲閣の昇降機 明治34年10月13日郵便報知『新聞集成明治編年史. 第八卷』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  18. ^ 凌雲閣 東京百美人(東京花柳界情報舎) 
  19. ^ 日本初の電動エレベーター(電気ゆかりの地を訪ねてvol.3) (PDF) 日本電気協会関東支部(2017年7月22日閲覧)
  20. ^ ひさご通り~浅草六区ブロードウェイ商店街~浅草駅(散策点猫)万歩計(2017年7月23日閲覧)
  21. ^ 浅草千束町1~3丁目(台東区の旧町名) (PDF) 台東区役所HP(2017年7月12日閲覧)
  22. ^ 台東区文化財調査報告書第五集『浅草六区』p.114(台東区教育委員会1987年3月発行)
  23. ^ 明治42年10月16日、東京市訓令甲第32号(浅草区役所)
  24. ^ 綱敷天神社 氏地 茶屋町
  25. ^ {{{1}}} (PDF) - 大阪市立図書館
  26. ^ 【1888年】新建築(明治21年)▷大阪の眺望閣(南の五階)ジャパンアーカイブズ
  27. ^ “浅草のシンボル 「凌雲閣」復活へ 六区最後の映画館跡地”. 東京新聞. (2012年10月23日). オリジナル2012年10月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121025135244/http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2012102302000101.html 2015年2月11日閲覧。 
  28. ^ “東京都・浅草六区に、凌雲閣とともにエンターテインメントの聖地再生へ!”. マイナビニュース (マイナビ). (2013年6月28日). http://news.mynavi.jp/news/2013/06/28/007/ 2015年2月11日閲覧。 

関連項目[編集]

  • 児玉源太郎 - 凌雲閣で催された日露戦争展で、児玉をナポレオンに準えて語り合う2人の陸軍将校の傍に歩き寄り「児玉はそれほどたいした男ではありませんよ」と囁いた逸話がある。
  • 江戸東京博物館 - 10分の1で復元された模型と、凌雲閣の赤煉瓦の実物が常設展示されている。
  • パイノパイノパイ(東京節) - 東京の名所の一つとして紹介されている。
  • 東京タワー - 東京スカイツリー - 東京三大タワー。

外部リンク[編集]