凌雲閣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
浅草凌雲閣
Jintan 12kai.jpg
公園四区の大池(通称;瓢箪池)越しに凌雲閣を望む。
手前の「仁丹」は活動写真館・千束館の屋上看板。
情報
用途 展望台、店舗等
設計者 ウィリアム・K・バルトン
管理運営 凌雲閣株式会社、十二階株式会社
構造形式 赤煉瓦・木造
建築面積 122.31 m²
状態 解体
階数 12
高さ 52メートル
開館開所 1890年11月11日
改築 1911年1914年
解体 1923年9月23日
所在地 東京府東京市浅草区
千束町二丁目三十八番地
座標 北緯35度42分56.7秒 東経139度47分35.5秒 / 北緯35.715750度 東経139.793194度 / 35.715750; 139.793194座標: 北緯35度42分56.7秒 東経139度47分35.5秒 / 北緯35.715750度 東経139.793194度 / 35.715750; 139.793194
テンプレートを表示

凌雲閣(りょううんかく)は、明治時代に大阪と東京に建てられた眺望用の高層建築物。大阪の凌雲閣は1889年竣工の高さ39m・9階建て、東京の凌雲閣は1890年竣工の高さ52m・12階建て。どちらも現存しない。

概要[編集]

明治20年代に高所からの眺めを売り物にした望楼建築がブームとなり、富士山縦覧場(浅草、1887年)、眺望閣(大阪、1888年)に続いて、大阪と東京に相次いで同じ「凌雲閣」と名付けられた眺望塔が建てられた[1]

東京の浅草凌雲閣は、浅草公園に建てられた12階建ての展望塔[注釈 1]。1890年(明治23年)竣工。当時の日本で最も高い建築物であったが、1923年(大正12年)の関東大震災で半壊し解体された。名称は「雲を凌ぐほど高い」ことを意味する。日本初の電動式エレベーターを備え、「浅草十二階」、あるいは単に「十二階」という名でも知られている[2]

凌雲閣のあったとされる場所の地図(背景図はOpenStreetMapをもとに作成)

大阪の凌雲閣は、浅草の凌雲閣より1年早い建設で、西成郡北野村(現・大阪市北区)の和風庭園「有楽園」内に9層楼として建てられた[1]。大阪ミナミにあった5階建ての「眺望閣」が「ミナミの5階」と呼ばれたのに対して、「キタの九階」と呼ばれた[3]

浅草凌雲閣[編集]

今となっては跡地付近は浅草六区地区の建築物等の高さの最高限度のしばりを受けるが、当時は浅草公園の区外地である千束町(現在の千束と異なる)に建てられており、「浅草公園地第六区内建物高さ制限」[4]に抵触せず高い建築物が可能であった。しかも、浅草公園六区で人気を博した木造の富士山・「富士山縦覧場」(高さ32.8m、1887年11月開場)が台風のあおりで1890年2月に取り壊した後でもあった[5]

浅草凌雲閣は、起案者は長岡の豪商であった福原庄七、基本設計者はウィリアム・K・バルトン(バートン)、土木工事監督は伊澤雄司であった [6]。また、凌雲閣株式会社が設立され[7]、初代社長として写真家で東京市会議員としても知られる江崎礼二が就任した [8]

東京における高層建築物の先駆けとして建築され、日本初の電動式エレベーターが設置されたが、その設計にあたったのは当時東京電燈株式会社の技師で東芝の前身の一つとなる白熱舎(のちの東京電気)を創業した藤岡市助と報道された[9]。電話設備は宣伝を目的として沖牙太郎が担当した[10][11]。完成当時は12階建ての建築物は珍しく、モダンで、歓楽街・浅草の顔でもあった。明治・大正期の『浅草六区名所絵はがき』には、しばしば大池越しの凌雲閣が写っており、リュミエールの短編映画にもその姿が登場する。1892年に来日したアメリカ人貿易商ロバート・ガーディナーは「レンガ造りのこの建物は高さ320フィートで最上階の3階まで電動エレベーターが備わっているが、手入れが行き届いておらず、階段を上った」としているが[12]、各階に飾られた絵や塔からの眺めの素晴らしさから東京観光でまず行くべき場所のひとつであると薦めている[13]

展望室からは東京界隈はもとより、関八州の山々まで見渡すことができた[14]。1890年の開業時には「日本のエッフェル塔だ」(パリのエッフェル塔は前年1889年開業)と多数の見物客で賑わったが、明治末期には客足が減り、経営難に陥った。

1911年6月1日に階下に「十二階演芸場」ができ、1914年にはエレベーターが再設されて一時的に来客数が増えたものの、その後も経営難に苦しんだ[15]。また隣地には、1912年2月「浅草国技館」が開館した[16]

なお、設計者のバルトンは設計時はエレベーターの施工は考慮しておらず、施工には反対したと後に親族は語っている[17]。浅草十二階の下の一帯は銘酒屋街となっており、実際としては私娼窟と化していた。それで浅草で「十二階下の女」と言うと娼婦の隠語を意味した。

1923年9月1日に発生した関東大震災により、建物の8階部分より上が崩壊(火災も発生)。地震発生当時頂上展望台付近には12-3名の見物者がいたが、福助足袋の看板に引っかかり助かった1名を除き全員が崩壊に巻き込まれ即死した[18]

経営難から復旧が困難であったため、再建は断念され、同年9月23日陸軍赤羽工兵隊により爆破解体され姿を消した。

完成当時のデータ[編集]

  • 開業日:1890年11月11日
    • 当初11月10日と報じられた[20]が、来賓の都合で翌11日に繰り延べられた[6]。エレベーターの日(11月10日)はこの当初の報道にちなんでいる。
  • 高さ:173(約52メートル)
    • 当初は220尺(約66.7メートル)と報じられたが[14]、1921年(大正10年)に行われた震災予防調査会の再調査では避雷針も含めて173尺とされている。この再調査の数値には避雷針の高さは含まれていないとする文献もある[21]。なお、日本建築学会正員の堀口甚吉が1968年に発表した論文では、この再調査では天井ふところ分の10 - 15尺(約3 - 4.5メートル)、入り口の石段の高さ2尺(約0.6メートル)、避雷針の高さ12尺(約3.6メートル)が含まれておらず、これに建物基礎底面からの高さ20尺(約6メートル)を合わせると、当初の発表通り約220尺になるとしている[22][23]
  • 建坪:37(122.31平方メートル
  • 設計:ウィリアム・K・バルトン(William K. Burton、イギリス人、お雇い外国人
  • 入場料:大人8銭、子供4銭
  • 構造:10階まで煉瓦造り、11・12階は木造
    • 1階は入り口階、2階から7階は諸外国の物品販売店(計46店舗)、8階は休憩室、10階から12階は眺望室(望遠鏡設置)[14]
    • 1階から8階にかけて日本初のエレベーターが設置されたが、開業当日より故障が頻発。翌1891年5月には使用中止になり[8]、東京電燈との間で訴訟沙汰となる[24]。エレベーター運転停止命令が出たため、客足を確保するのに階段の壁面に花街から選ばれた芸者達の写真を貼り付け、日本初の美人コンテスト(とされる)「東京百美人」が開催される[25]
    • 各階の内部には3個の電灯を点じて、176個の窓から光を放った。また、11階には1個当たり5000燭光アーク灯2個が設置された[14]

東京百美人[編集]

このイベントの正式名称は不詳。当時の新聞報道でも「東京芸妓美人えり抜き百名」「選美写真の品評会」「選美百妓の写真」「百美人品評会」「選美投票」「美人写真品評会」等と呼ばれていた[8]。また、巷間言われるように日本初のミスコンでもない。1890年4月の報道で、「応募者の写真を審査して賞金を与える」イベントが確認できる[26]

候補者の写真は小川一眞が通常の営業を休んで特設の撮影スタジオで撮った。全員同じ背景の前でポーズを決めているが、公平性の担保のためだけではなく、当時は自前で写真を用意できる女性は少数派だったことも関係している[27]。小川は、後に“百美人”の写真を盛んに発表するが、そのきっかけが当コンテストである[28]

最終的に100名の候補者の中から上位5名が表彰される。上位5名は逃したが、「洗い髪お妻」こと枡田屋小つま(本名・安達ツギ、当時17)[8]は人気を博し、絵葉書や広告のモデルとして活動することとなる。「撮影の日に髪結いが間に合わず、やむなく洗い髪で撮影した」と記載する文献もあるが、東京百美人の参加者の写真集には、髪を結った写真が収められている[29]。撮影場所までは洗い髪で行って、そこで髪を結ったという説もある[30]

記念碑・遺構[編集]

凌雲閣の基礎部分。2018年初頭の建築基礎工事によって発見されたもの。手前のラインが八角形の基礎の一部の境界で左右に見えるレンガが積み上げられていた。

跡地は凌雲座(劇場)となった。その後は昭和座、浅草東映となり、現在はパチンコ店が建てられている。当該パチンコ店の入口付近には、凌雲閣史蹟保存の会が2004年12月に設置した「浅草凌雲閣記念碑」(プレート)があり、「この地、台東区浅草2丁目14番5号辺りに浅草凌雲閣(通称:十二階)が完成。」と記されている[31]

一方、浅草公園町会が1977年12月ウインズ浅草の隅に設置した建札「浅草公園史蹟めぐり第三番札所」には、「凌雲閣は、今の浅草東映から北西五十メートルの地点にあった。(浅草公園五区、千束二丁目三十八番地)」と記されている。ところが、1981年7月に行われた凌雲閣跡の発掘調査(浅草2丁目13番)で、実際の塔の位置は現在の浅草2丁目13番から14番にかけてあったとされる[32]

さらには2018年2月、浅草商業ビル[33]の工事現場(浅草2丁目14番)において、基礎部分の煉瓦と八角形の土台のコンクリートの一部と見られるものが掘り起こされている[34]。このビルの外壁には完成後の2018年8月、凌雲閣を描いた浮世絵を拡大複製した壁画(高さ8メートル)が貼られた[35]

所縁がある建造物[編集]

凌雲閣解体後の1932年、やや南側の浅草国際通り・雷門一丁目交差点に凌雲閣を模した「仁丹塔」という、森下仁丹の広告塔が完成。ランドマークとして人々に親しまれていたが、1942年大東亜戦争の激化による金属供出のため解体された。また戦後の1949年に再建したが、二代目も1986年7月10日に老朽化によって解体された。現在その跡地にはコンビニ(ファミリーマート)が立地しており、壁面に「仁丹塔跡」のプレートが設置されている(位置)。

2012年10月、凌雲閣南側の映画館[注釈 2]跡に、松竹およびマルハン主導で建設する再開発ビル「マルハン松竹六区タワー」の角部分について、凌雲閣を再現した構造とする計画であることが報じられたが[36]、その後マルハン松竹六区タワー計画は中止となり、映画館跡地には10階建ての浅草ビューホテル別邸"HAKARAI"が建設されることになった(2020年5月開業予定)[37]

大阪の凌雲閣[編集]

「キタの九階」とも呼ばれた大阪の凌雲閣は、浅草のそれより1年早く竣工した。

浅草凌雲閣竣工の前年の1889年、大阪・北野茶屋町の遊園地「有楽園」内に、凌雲閣(9階建て・高さ39メートル)(地図)が完成していた(檀重三から鷲尾宇兵衛へ譲渡[38])。「梅田東生涯学習ルーム体育館」(旧梅田東小学校跡地)の門前に、その碑が残る。

ノーベル賞作家のキプリングは1889年の日本旅行中に大阪で凌雲閣を見学し、「大阪のエッフェル塔」と呼んで、「日本人は誰でも眺めの良い所にやって来て腰をかけ、お茶やお菓子や酒を賞味するのが大好きだから、大阪では郊外に木材と鉄骨を用いて9階建ての塔を築き、粋を凝らした日本庭園を造り、一面に真っ赤な提灯を巡らして人を呼び寄せる商売が十分儲かるのだ。この大阪エッフェル塔は正直なところ美しい建築とはとても言えないが、そこから見える景色は補ってあまりある」と評し、1、2階にずらりと並んだ茶店でお茶を飲みながら花の景色を楽しむ満員の客を見て「東洋人がこれほど何かにうっとりと夢中になっているさまに私は驚いた」と書き記した。英領インド生まれの英国人であるキプリングは、景観を楽しむ趣味があるのは西洋人の上流階級のみと思っていたため、東洋人である日本の庶民が景色を楽しむ姿に衝撃を受けたという[39]

この9楼凌雲閣に先立つ1888年には、浪速区日本橋の遊園地「有宝地」(地図[注釈 3]内に5階建て・高さ31メートルの眺望閣が造られており、「キタの九階」「ミナミの五階」と呼ばれた[40][41]。眺望閣は六角柱状パノラマ式高塔で、日本で最初の西洋式高層建築ともいわれる。周囲には露天街も整備された。この眺望閣は1904年に解体されるが、現在も通称としての地名は五階百貨店として残っている。

文学・創作における凌雲閣[編集]

同時代の記憶や経験にもとづくもの[編集]

後世になってからのもの[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 浅草公園と付していたが、実際には公園外地の千束町にあり、便宜上公園に編入されていた。
  2. ^ 浅草中映劇場及び浅草名画座
  3. ^ 難波駅 (南海)の南口付近にあった。ちなみに24年後の1912年には、(初代)通天閣が南南東1kmほどの所にできる。

出典[編集]

  1. ^ a b 大澤昭彦「建物高さの歴史的変遷(その1)―日本における建物の高さと高層化について―」『土地総合研究』第16巻第2号、一般財団法人土地総合研究所、2008年、 15-28頁。
  2. ^ レファレンス事例集~平成12(2000)年度版~”. 江戸東京博物館. 2013年10月29日閲覧。
  3. ^ 【1889年】新建築(明治22年)「凌雲閣」(北の九階、大阪)”. ジャパンアーカイブズ. 2019年8月31日閲覧。
  4. ^ 参考資料 東京市公園地使用条例・浅草公園地第六区内建物高さ制限”. soumu.metro.tokyo.jp. 東京都公文書館. 2019年8月31日閲覧。
  5. ^ 「富士山縦覧場開業広告」『読売新聞』、1887年11月6日。
  6. ^ a b 「凌雲閣開業式の模様」『国民新聞』、1890年11月12日。
  7. ^ 『日本全国諸会社役員録. 明治27年』商業興信所、商業興信所、1894年9月10日、117頁。doi:10.11501/780109f
  8. ^ a b c d 佐藤健二『浅草公園 凌雲閣十二階――失われた<高さ>の歴史社会学』弘文堂、2016年2月15日、30, 34, 46-47, 232。ISBN 978-4-335-55174-1
  9. ^ 「凌雲閣」『読売新聞』、1890年4月8日。
  10. ^ 沖 牙太郎(おき・きばたろう)”. 港区ゆかりの人物データベース. 港区立図書館. 2019年8月31日閲覧。
  11. ^ 第2回 起業、そして事業拡大へ”. 沖電気工業株式会社. 2019年8月31日閲覧。
  12. ^ 中野明『グローブトロッター 世界漫遊家が歩いた明治ニッポン』朝日新聞出版、2013年6月7日、226頁。ISBN 978-4-02331210-4
  13. ^ Robert S.Gardiner (1892) (英語). Japan As We Saw It. Rand Avery Supply Co.. p. 47. 
  14. ^ a b c d 「凌雲閣」『風俗画報』第23号、東陽堂、1890年、 12-13頁、 doi:10.11501/1579451
  15. ^ 凌雲閣とは?日本初のエレベーターがあった浅草十二階の高さや場所、歴史を知ろう。”. 浅草観光のオトモ (2019年7月9日). 2019年8月31日閲覧。
  16. ^ 「国技館」の由来をご存知ですか?”. 1242.com. 株式会社ニッポン放送 (2017年4月25日). 2019年8月31日閲覧。
  17. ^ 喜多川周之「浅草十二階とバルトン」『浅草双紙 第二〇〇回記念特集』、未央社、1978年、 192-195頁。
  18. ^ 山村武彦. “関東大震災のちょっといい話/7万人の命を救った浅草公園の人々”. 防災システム研究所. 2019年8月31日閲覧。
  19. ^ 高井伸雄、岡田成幸「地震被害調査のための鉄筋コンクリート造建物の破壊パターン分類」『日本建築学会構造系論文集』第66巻第549号、日本建築学会、2001年、 67-74頁、 doi:10.3130/aijs.66.67_4ISSN 1340-4202
  20. ^ 「十二階高塔凌雲閣開業広告」『読売新聞』、1890年11月4日。
  21. ^ 喜多川周之「凌雲閣十二階の建設契機(二)」『浅草寺文化』第4号、浅草寺資料編纂所、1965年、 22-33頁。
  22. ^ 堀口甚吉「浅草12階凌雲閣の建築について」『大会学術講演梗概集. 計画系』第43号、日本建築学会、1968年9月5日、 811-812頁、 NAID 110003509235
  23. ^ 浅草公園 凌雲閣 #1”. meijitaisho.net. 2019年8月31日閲覧。
  24. ^ 『新聞集成明治編年史. 第八卷』新聞集成明治編年史編纂会、林泉社、1940年9月28日、140頁。doi:10.11501/1920393
  25. ^ 木村絵里子「メディア経験としての「東京百美人」――19 世紀末の新聞記事からみるメディア・イベントの成立過程」『マス・コミュニケーション研究』第94号、2019年、 205-222頁。
  26. ^ 「美婦人品評會」『読売新聞』、1890年4月19日。
  27. ^ 井上章一『美人コンテスト百年史 芸妓の時代から美少女まで』新潮社、1992年3月25日、40-47頁。ISBN 4-10-385001-9
  28. ^ 小沢健志(監修)『保存版 古写真で見る幕末・明治の美女図鑑』世界文明社、2001年10月31日、118, 222-231。ISBN 4-418-01225-7
  29. ^ K.Ogawa (1895) (日本語・英語). Types of Japan, Celebrated Geysha of Tokyo in Collotype. Kelly and Walsh. p. 2. 
  30. ^ 「『十二階に新説』 洗い髪お妻は髪をゆって参加 町の浅草研究家」『東京新聞都内城西版』、1968年5月25日。
  31. ^  電気ゆかりの地を訪ねてvol.3 日本初の電動エレベーター”. 日本電気協会関東支部. 2019年8月31日閲覧。
  32. ^ 『浅草六区 : 興行と街の移り変り』台東区教育委員会〈台東区文化財調査報告書 ; 第5集〉、1987年、114頁。doi:10.11501/9643996
  33. ^ 「浅草十二階」復活”. 株式会社Yours. 2019年8月31日閲覧。
  34. ^ 飯島邦夫(浅草観光連盟事務局) (2018年3月23日). “凌雲閣の遺構発見に沸く浅草、人と人を小さなメディアがつなぐ”. ITmediaマーケティング. アイティメディア株式会社. 2019年8月31日閲覧。
  35. ^ 加藤健太 (2018年8月24日). “壁画で復活「浅草十二階」 「凌雲閣の記憶」後世に”. tokyo-np.co.jp. 2018年8月30日閲覧。
  36. ^ 松永早弥香 (2013年6月28日). “東京都・浅草六区に、凌雲閣とともにエンターテインメントの聖地再生へ!”. マイナビニュース. 株式会社マイナビ. 2019年8月31日閲覧。
  37. ^ 新規直営ホテル「(仮称)浅草ビューホテル別邸」について”. 日本ビューホテル株式会社 (2018年7月18日). 2019年8月31日閲覧。
  38. ^ 茶屋町”. 綱敷天神社. 2016年10月5日閲覧。
  39. ^ ラドヤード・キプリング『キプリングの日本発見』加納孝代訳、中央公論新社、2002年、135頁。ISBN 978-4120032820
  40. ^ 呉の国から来た織女たち~住吉街道の宿場町・長町(日本橋)を行く~”. oml.city.osaka.lg.jp. 大阪市立図書館. 2019年8月31日閲覧。
  41. ^ 【1888年】新建築(明治21年)▷大阪の眺望閣(南の五階)”. ジャパンアーカイブズ. 2019年8月31日閲覧。

参考文献[編集]

  • 佐藤健二『浅草公園 凌雲閣十二階――失われた<高さ>の歴史社会学』(弘文堂、2016年2月15日。ISBN 978-4-335-55174-1

関連項目[編集]

外部リンク[編集]