小松沢陽一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小松沢 陽一(こまつざわ よういち、1950年 - )は、日本映画ジャーナリスト東北芸術工科大学大学院客員教授。

経歴[編集]

  • 1950年 - 岩手県一関市に生まれる。
  • 1971年 - 渡仏。パリ第七大学で「パリ日本映画クラブ」主宰。その後、映画ジャーナリストの活動を開始。雑誌「スターログ」で毎年、伝説の映画祭、アヴォリアッツ国際ファンタスティック映画祭をレポートする。
  • 1985年東京国際ファンタスティック映画祭のプロデューサーに任命される。会場でいつも泣き、“泣きの小松沢”の異名で知られるようになる。以降「サンダンス映画祭 in TOKYO」、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭の創設に関わり、日本では珍しい、映画祭プロデューサーの仕事をメインの職業とするようになる。ただし、自身が手がけた各映画祭は病気などで降板している。ゆうばり映画祭は市民主導で継続しているが、東京ファンタは消滅した。こうした運営が理由で、1回もしくは2回程度で終了した映画イベントも少なくない。
  • 2008年 - 東北芸術工科大学大学院仙台スクールの客員教授に就任。

受賞歴[編集]

著書[編集]

  • 夢人間たちの共和国 東京国際ファンタスティック映画祭10年史(1995年、シネマハウス
  • ゆうばり映画祭物語 映画を愛した町、映画に愛された町(2008年、平凡社

共著[編集]

  • 感動のマドレーヌ現象 イベントマーケティングのフレンチノウハウ(2002年、エディテ100)

外部リンク[編集]